普通の保湿クリームじゃダメ?妊娠線クリームって何が違うの?

妊娠線の予防クリームは各メーカーよりたくさんの種類が販売されています。どれを購入すべきか迷ってしまいますね。妊娠線予防のクリームは、

「お腹の皮膚の乾燥を防ぎ、お腹の柔らかくすることで妊娠線ができることを防止すること」

という効果が期待できます。

だったら通常の保湿クリームで代用できるのではないか?とふと思うことはありませんか?通常の保湿クリームもお肌の乾燥を防ぐために使いますよね。

妊娠線予防のクリームと普通の保湿クリームでの違いは何でしょうか?普段使用するような保湿クリームで妊娠線予防クリームの代用はできるのでしょうか?

 

妊娠線クリームは無添加・低刺激♪

妊娠線予防クリームは通常の保湿クリームに比べて、より無添加・低刺激の成分が配合されている場合が多いです。そのため、妊娠中の方でも安心して使えるというメリットがあります。

妊娠中はお肌が敏感になり、ちょっとした刺激でもお肌が赤くなる、乾燥してしまう、発疹が出来てしまうという方も多くいます。そのような方でも安心して使ってもらえるように、なるべくお肌に負担とならないような成分が使われています。

また、つわりなどで匂いがダメになってしまう方にも合わせて、妊娠線クリームは無香料または妊婦さんでも比較的受け入れられやすい柑橘系の香りであることが多いです。

伸びが良くてたっぷり使える

妊娠線予防クリームは通常の保湿クリームに比べると伸びが良いものが多いです。大きなおなかにタップリ使えるように、伸びがよくてベタつきを感じないような、浸透の良いクリームが人気です。妊娠線予防クリームは、塗った後マッサージしましょうと書いてある場合もあるのですが、マッサージしていてお腹が張る場合は決して無理してはいけません。

妊娠線予防のクリームは、通常の保湿クリームに比べて大容量の商品が多く販売されています。毎日おなかにタップリ塗るものですので、少量ですとすぐになくなってしまうからです。大容量のクリームはコスパも良くて嬉しいですね。個人差はありますが、いちどの妊娠で妊娠線予防クリームは1本~2本ぐらい使う場合が多いようです。

 

まとめ

普通の保湿クリームを妊娠線予防のクリームとして使うことも可能ではあるけれど、成分や容量、クリームののびや浸透力などを考えると、専用の妊娠線予防クリームを使った方が良いでしょう。

もし妊娠線予防クリームが余ってしまったら、低刺激の保湿クリームとして使うことができます。産後の乾燥肌ケアなどに使っても良いでしょう。生まれてきた赤ちゃんの乾燥予防に使える場合もあります。

 

コメントを残す