妊娠線ケアって毎日しないとダメなの?

妊娠線ケアとして妊娠線予防クリームをお腹に塗るのは、毎日では結構面倒だったりしますよね。妊娠線ケアって毎日しないとダメ?と思われる方、安心してください!毎日じゃなくても大丈夫です。

 

妊娠線予防クリームの目的は保湿!

妊娠線予防クリームをおなかに使う大きな目的はおなかの保湿です。

たとえば毎日のお顔のスキンケアですが、たまに忘れる日はありませか?飲み会から帰ってきてシートタイプのメイク落としでメイクだけ落として終了という日もたまにはあるでしょう。いつも使っているクリームがなくなってしまって補充もないため、今日はクリームを使わないという日もあるでしょう。

でも、それらは次の日にきちんとケアすると良いことですよね。さすがに1週間まったくスキンケアをしないと乾燥やくすみ、肌荒れなどの原因になって、お肌にはあまり良くないでしょう。

 

1日2日ぐらい塗り忘れても大丈夫♪

そんな感じで、妊娠線予防クリームも、1日や2日塗り忘れた日があっても大丈夫です。1週間全く使わないとなると少々不安ですが、そんなに神経質にならなくても大丈夫です。

塗り忘れた日やクリームを塗るのが面倒な日は、少々サボっても全く問題はありません。次の日にたっぷり塗るなどしてやると良いですね。

ただし、妊娠9か月以降から予定日までは、おなかが一気に大きくなりますので、なるべくなら毎日忘れずに妊娠線ケアしてください。

本当に、毎日お腹がどんどん大きくなるので面白いですが、妊娠期を通じて妊娠線が最も出来やすい期間でもあります。

1日忘れただけで妊娠線ができてしまった!という方もいらっしゃいます。

あの時塗っていれば!などと思うことは悔しいですよね。臨月になるとお腹が大きくなって塗るのも一苦労だったりしますが、パパに手伝ってもらうと良いでしょう。

 

妊娠線予防クリームを習慣化して塗り忘れ防止♪

妊娠線予防クリームは朝の着替え時とお風呂あがりに塗るなど、習慣化すると良いですね。

クリームは手にとってしばらく置き、人肌に温めてから塗ると良いでしょう。特に冬などは、冷たすぎるクリームはお腹が張る原因になるのです。お風呂あがりは手も温かくなっていますので、ちょうど良いですね。

また、妊娠線予防クリームでお腹をマッサージしながらぬると、赤ちゃんとのスキンシップにもなって良いでしょう。クリームを塗っている時に赤ちゃんが元気に動くと、とても嬉しくなっちゃいます。

しかし、特に臨月付近では、お腹をマッサージすることでお腹が張ってしまう原因にもなってしまいますので注意してくださいね。お腹が張った場合はマッサージは即座にマッサージを中止してください。

コメントを残す