もし妊娠線ができたらこうして治そう!

妊婦さんのお腹まわりに出来る筋状のアザに、妊娠線ショックをうける女性は少なくありません。完全に綺麗になくす事がむずかしいと言われている妊娠線を効果的に消す方法はあるのでしょうか?

まず最初に、妊娠線が出来てしまう仕組みを知っておきましょう。

私たちの身体の皮膚は外因的なストレスからお肌を守る表皮と、細胞である皮下組織、そしてこの2つの間には真皮が存在しています。表皮はとても強く出来ているため伸びにくく、真皮は柔らかい組織で構成されているため伸びやすいといった特徴があります。

その為、妊娠をきっかけに急激に広がるお腹まわりの皮膚が、伸びようとする力とそれを抑え込む力の2つの作用が働きます。

すると皮膚の組織に強い力が加わることで組織が破壊されてしまい、筋状の線がお腹に現れます。

 

妊娠線の前兆を見極める!

妊娠線を回避するためにも、妊娠線の前兆を見極めることが大切です。

一番多い症状が皮膚の痒みです。乾燥している時期に限らずピリピリとした痛みや下っ腹が痒くなりだしたら、妊娠線が現れる前兆です。

バランスのとれた食事とカロリー計算で、体重を増やさない事を意識しましょう。

万が一、妊娠線ができたら予防クリームが効果的です。

保湿効果が高く、妊婦さんでも安心して使える成分で作られた専用のクリームもあります。やさしくなでるようにたっぷりと塗り、そしてマッサージをしてあげると妊娠線が次第に薄くなっていきます。

 

妊娠線ができたらする事のまとめ

妊娠線ショックをうける方はとても多いです。そこで、妊娠線ができたらすることをまとめてみまた。

今日からできる方法ばかりですので、悩んでいる方は是非挑戦してみましょう。

まず、妊娠線前兆というものがあります。お腹の皮膚がヒリヒリとする、また胸の下まわりが痒い、などの症状が現れたら妊娠線ができる兆候かもしれません。

そこで、自宅にあるボディークリーム(できれば妊娠線専用のクリーム)を使って念入りに保湿をしてあげましょう♪

またはハチミツでも代用することが可能です。ハチミツには天然の保湿効果があると言われているため、肌にストレスを与えずしっかりと保湿することが可能です。

 

アレルギーのある方は妊娠線専用クリームがおすすめ!

アレルギーをお持ちの方は、妊婦さん専用の予防クリームを使用する事をおすすめします。

市販されている商品の中には、抵抗力の弱い赤ちゃんや妊婦さんにアレルギー症状を引き起こす可能性がある成分が使用されている事もありますの

で、成分表を見るなど事前に確認をしておきましょう。次はバスタイムを意識するという事です。さっと入ってしまう方も多いですが、実はそれもったいないです。

ぬるま湯につかる事で、固くて伸びにくい皮膚もやわらかくなります。
このタイミングでマッサージをしてあげると、妊娠線ができにくくなります。是非、試してみて下さい。

 

コメントを残す