高齢出産は流産するリスクが高い?

若いうちに出産をするのに比べると高齢出産はリスクが高いことが知られていますが、その一つとしてよく言われているのが流産です。

高齢になってからは妊娠に際してトラブルが多いことからできるだけ若いうちに出産を終えてしまいたいと考える人が多いものの、その影響は流産にまで及ぶものなのでしょうか。

その実際のリスクの高さを知って、どのように対策を立てたら良いのかも考えておくと良いでしょう。

結婚したいと思いつつも、仕事をすることを優先しているとつい婚期が遅れてしまって高齢出産になってしまうことはよくあることであり、そうなってもしっかりと子どもを生めるようにするために取り組みを忘れないようにすることが重要になります。

 

高齢出産によって高まるリスク

高齢出産になると様々なトラブルが発生するようになり、妊娠しにくくなるだけでなく、流産のリスクが高まることが知られています。

一般的な流産の確率は15%程度ですが、高齢出産と言われる35歳以上の場合には20%程度であるとされているのです。

もともと母体は若いうちに子どもが作れるようにできているものであり、加齢に伴ってトラブルが生じやすくなってしまうのは必然という他ありません。そのため、若いうちに出産するように心がけるようにするのに越したことはありません。

f28ca1bb3219fa4209eccba29e9d30ca_s_sまた、高齢出産によってリスクが高まることが知られているのがダウン症のリスクであり、染色体異常によって生じることがわかっています。

染色体異常はしばしば流産の原因にもなるため、因果関係こそはっきりとはしていないものの、加齢に伴って染色体異常が起こりやすくなることが流産を起こしやすくしている可能性が示唆されているのが現状です。

 

葉酸で対策できるリスクと流産

流産が起こってしまうことをできる限り対策しておきたいと考えたら、身体が若い状態に近いようにしておくことが重要になります。

栄養状態を良くすることはその基本であり、新陳代謝が良好で、細胞が新しく作れる状態を保っていくことは妊娠後の胎児の成長に大きな影響を与えるポイントです。

その対策として考えておくべきなのf4b72ca9a3fa18877d7e78180f569bae_s_s葉酸の摂取です。

葉酸は細胞分裂において欠かせない栄養素であり、妊娠時には通常よりも多くの摂取が求められます。そのため、通常の食事をしているだけでは不足してしまうことがあるため、十分に意識を持たなければなりません。

 

また、染色体異常によるダウン症のリスクも低減させることができることが示唆されているのも葉酸摂取の特徴です。

食事から補給するのが難しいと考えたらサプリメントを利用して不足しないようにしておくことが高齢出産への有用な準備となるでしょう。また、妊活中から葉酸を飲むことで、より効果を実感できるでしょう!

 

コメントを残す