つわりの時は食事はどうする?

妊娠初期に多くの妊婦さんが悩まされる、辛いつわり
個人差はありますが、8週?12週頃にかけてピークを迎える方が多く「吐き気のせいで食事も喉を通らない」という方も結構いるんです。

つわりのメカニズムは完全には解明されていませんが、妊娠して「お腹に赤ちゃんがいる」という特殊な状態から体が引き起こす、妊娠性のホルモンが関係していると考えられています。そのため、赤ちゃんがいる状態が体に馴染んでくる頃には自然と収まります。

では、つわりで食欲がない時の食事はどうしたらいいのでしょうか。「無理にでも食べないといけないの?」「食べても吐いてしまって赤ちゃんの栄養が心配」…このように不安に思う方も多いことでしょう。

今回はつわりの最中の適切な食事の摂り方について、ご紹介します。

 

つわり中でも無理して食べないといけない?

お腹にいる赤ちゃんのことを思うと、「つわり中でも何とかして栄養を摂らなきゃ」とプレッシャーを感じてしまいがちです。

しかし、つわりが起きる妊娠初期は母親が食べたものが直接栄養として母体から胎児へいく時期ではないため、そこまで食べ物に気を使わなくて良いとされています。

ただし、妊娠初期は葉酸の摂取が必要ですので、食べ物から摂れない時はサプリメントで補うようにしましょう。

つわりの期間はせいぜい1?2ヶ月ですので、脱水症状に注意して水分をたくさん摂り、食べれる物を食べられるだけ食べてください。吐き気がひどい時は無理にたくさん食べなくても大丈夫です。

水分さえ摂れていれば、少し食事の量が減っても気にする必要はありません。つわり中の妊婦さんに人気の食べ物には、フライドポテトやトマト、飴、うどん等があります。偏食状態になり心配される方もいますが、ほとんどは一過性のものですので、つわりの間だけと割り切って乗り越えて下さい。

 

食事が作れない時は旦那さんに甘えましょう

つわりの時期に辛いのが、何といっても「食事の匂い」です。ご飯の炊ける匂い、揚げ物の匂い、冷蔵庫の中の匂い…どれもつわり中の妊婦さんの苦手な匂いです。

04579bcdc36758dd78d2a8a0b34f61e6_s_s

ただでさえ吐き気で辛いつわりの最中に、食べ物のことを考えたりキッチンに立って食事を作ることは、心身ともに負担になってしまいます。どうしても食事の支度ができない期間は、割り切って家族に甘えてしまいましょう

最近ではネットスーパーで調理済みのおかずや惣菜の配達が頼めます。配膳さえも辛い時はお弁当や出前を届けてもらっても良いでしょう。時には旦那さんに外食で済ませて帰ってきて貰うのも良いと思います。

妊婦さん自身は食べられる物を無理なく食べれば、それで十分です。栄養面で不安がある場合、妊娠初期に必要とされる葉酸のサプリをプラスして飲むと良いでしょう。

つわりのピークは長い妊娠期間のうちのたった数週間のことですから、あまり気負わずに上手に周りに甘えて下さいね。

コメントを残す