つわりと頭痛の関係って?

妊娠してつらい思いをすることになりがちなのがつわりであり、吐き気がして食欲がなくなってしまいがちになります。

胎児のために少しは食べなければならないと頑張るものの、味覚障害も伴ってしまってなかなか口にすることができなくなってしまうのは多くの人が経験するでしょう。

しかし、それだけでなく頭痛も引き起こされることがあり、起き上がることすら辛い状況になってしまう人もいます。
つわりだけでもつらいのにどうした良いのかと悩むようになってしまうと大変です。

頭痛になってしまう原因を知って、適切な対策を立てられるようにすることが重要になります。妊娠中の人もこれから妊娠する予定の人もつわりと頭痛の関係についてよく理解をしておきましょう。

 

妊娠によるホルモンバランスの変化

妊娠するとほとんどの人が経験することになるのがつわりです。

その症状として典型的なのが食欲低下を伴う吐き気であり、その原因は特定できていないものの、ホルモンバランスの変化や自律神経の乱れが要因としてよくあげられるものです。

また胎児を守るために妊婦に安静に努めるように促しているという説もあります。

つわりになったときにはそれ以外にも症状が出てくることがしばしばあります。
その代表的なものが頭痛であり、つわりの吐き気と重なると本当に動けない状況になってしまう人も少なくありません。

両者をつなぐ原因となっていると推定されるのがホルモンバランスの乱れであり、血流量が変化したり、身体の急激な変化によって疲れが出たりしてしまうことによって生じているとされています。

このような因果関係があることから妊娠してしまう以上は不可避であると考えられてしまいがちですが、適切な対策をとっていくことは可能です。

 

頭痛に悩まされたときの対策

つわりの間に頭痛に悩まされてしまったときには対策を立てていきましょう。

ホルモンバランスの変化は妊娠を維持するために欠かせないことから、そこに手を加えるわけにはいきません。頭痛にならない人もいることから、その他の頭痛の原因を取り除く努力をすることが大切です。

頭痛の原因として多いのは眼精疲労であり、パソコンやスマートフォンの利用を頻繁に行っている場合には控えるようにするだけで頭痛が緩和される可能性があります。

333a7013072542f4c84ef29684d83e07_s_sまた全身の水分が足りなくなってしまっていることで脱水症状の形として頭痛が引き起こされる場合もあることには留意しておきましょう。水分補給による改善が見られることもあります。

一方、ストレスも頭痛の原因であり、つわりが酷くてつらくてもできるだけ心身をリラックスさせるようにゆっくりと過ごすことが大切な対策方法です。

コメントを残す