つわりのピークは?【つわりはいつからいつまで】

つわりに苦しんでしまいがちなのは妊婦なら当たり前と思ってしまいがちです。つわりがいつからいつまで続いて、ピークはどのくらいにやってくるのだろうと不安になる人も多いでしょう。

いつからいつまでなのかということを理解してつらさに対する覚悟を決めたり、対策を立てたりするということは妊娠生活を送る上では欠かせないことになります。

ただ我慢するというのではなく、身体に働きかけて症状を抑えていくことも考えるのが賢い方法であり、症状を軽減させるのに役立つ栄養の摂取も考えていくと良いでしょう。

その栄養素として葉酸が役に立つことを知っておくことが大切であり、つわり対策として摂取することを考慮してみる価値があります。

 

つわりがやってくる時期

つわりが始まってしまうと何も食べられなくなってしまうほどに味覚と嗅覚に異常が生じてしまいます

吐き気がして食欲もないけれど、胎児のためを思って何か栄養をとらなければならないと考える毎日になってしまうことはよくあることです。

しかし、つわりは妊娠したらすぐに出てくる症状というわけではありません。早い人では妊娠してから4週目頃から症状が表れてくることがありますが、大まかには4週目から6週目程度が初期症状を感じ始めやすい時期になります。

これがいつまで続くかも人によって異なりますが、長い人の場合には妊娠16週目程度まで続くということが知られている状況です。

それよりも長い人もいますが、ピークは概ね9週目前後におとずれることが多く、この時期にもしつわりの症状を感じなければ大丈夫だったと安心しても差し支えないでしょう。

 

つわりの対策に葉酸の摂取

つわりで毎日がつらいという状況には誰もがなりたくないものであり、妊娠をしたら対策を立てたいと考えるものです。

つわりの原因ははっきりとは解明されていませんが、妊娠と胎児の成長に伴う身体の変化が影響しているのは明らかでしょう。その変化についていけるように栄養をとることが重要になります。

c7fc93d2b4fe6e44074295e9c0d2b0cb_s_s特に栄養素として役に立つと言われているのが葉酸であり、毎日必要量を摂取することによってつわり対策として期待していくことができるでしょう。

食事がつらいというときでも摂取できるようにサプリメントを利用するのも良い方法です。

サプリメントの摂取が胎児に影響しないかと心配してしまいがちですが、胎児に悪影響がないように品質に拘った葉酸のサプリメントも多数開発されていることから、過剰摂取に注意しながら利用すると症状のないままつわりのピークを超えていける可能性が開けてくるでしょう。

コメントを残す