胎動の感じ方って?逆子の胎動の感じ方は違う!?

妊娠19週頃になると、胎動を感じる妊婦さんが多いのではないでしょうか。ほとんどの場合、おへその上あたりで胎動が感じますが、逆子の場合にはそれとは違った場所で胎動を感じるのです。

そこで今回は、胎動の感じ方は逆子ではどう違ってくるのかご紹介します。

 

胎動の感じ方について

胎動は、妊娠の週数によって変わっていきます

多くの妊婦さんが胎動を感じ始めるのは妊娠中期であり、赤ちゃんの大きさやママの脂肪のつき方によって異なってきます。早い方は妊娠16週頃に感じ始め、遅い方は妊娠22週から23週頃になり感じ始めます。赤ちゃんが大きくなるにつれて動きも活発になるため、胎動も激しくなってきます。

しかし妊娠後期になると、赤ちゃんは子宮内が窮屈になってくるためほとんど動くのが少なくなってくるのです。その代わり手や足の力が強くなるので、肋骨や膀胱を押されたりする事で痛みを感じる事もあります。また、耳が発達してくるため音に反応したりするようになるのです。

出産が近くなってくると赤ちゃんは産道に下りてくるため、胎動をあまり感じなくなってきます。しかし胎動が少なくなったからと言って、お産が近いといった根拠はありません。中には陣痛が起きるまで胎動を感じている人や、出産をしている時でも胎動を感じる人もいます。

胎動はお腹の中にいる赤ちゃんとママの、初めてのコミュニケーションなのでお腹にいる間は胎動を楽しみましょう。

 

逆子の胎動の感じ方

子宮内で赤ちゃんの足やお尻が下向きになっている事を、逆子と言います。逆子の場合、通常で感じる胎動とは少しことなってきます。

55e0372ee8be754bd215ea4756d9c936_s_s逆子の胎動は、胃のすぐ下からおへその上らへんで動いている感じがある場合や、閘門や膀胱や直腸を蹴られて鈍痛みたいなのを感じる事があります。他にもお腹側の足の付け根の部分で動いている感じがあったり、下半身を強く蹴られたりする事もあります。

逆子の赤ちゃんも通常の赤ちゃんと同様に、大きくなるにつれて活発に動き始めます。しかし逆子の場合の多くは、わき腹の上あたりに胎動を感じます。胎動の強さや間隔は、通常の場合とあまり変わりはありません。

妊娠中期に逆子だとわかっても、子宮内にはまだ隙間があるため赤ちゃんは動き回り、ほとんどの場合妊娠30週頃になると通常の位置に戻りますのであまり心配はいりません。この時期になっても逆子が戻らない場合には、逆子体操がありますので試してみましょう。やり方がわからない場合には、担当の医師に相談して積極的に体操をするようにする事で逆子から通常の位置に戻りやすくなります。

コメントを残す