妊娠中にお腹周りにかゆみが?これって何?

私にも経験がありますが、妊娠中ってお腹やバストの周りがとても痒くなりますよね。もともとはそんなに乾燥肌ではなかったと思うのですが、顔も体もカサカサとした感触で、妊娠中はずっと肌の変化を感じていました。

お腹が大きくなり始めた妊娠5か月の終わり頃からは、今まで使っていたジーンズは完全に入らなくなり、ウエストがゴムでできたジーンズやスカートを愛用していました。このウエストの部分が痒くて仕方なかった時期があります。キャミソールを着ていたので、直接ゴムが肌にあたるわけではないのですが、どうしても痒い。市販の薬を使うのが怖かったので産院で相談したことがあります。すると、看護師さんから意外な言葉が返ってきました。

「それ、乾燥もあると思うけど、妊娠線ができ始めているかも」と驚きの言葉。妊娠線のでき始めには、肌の奥の真皮と呼ばれる部分が少しずつ裂けはじめるので、痛みはなくても痒みを感じる人が多いのだそうです。痒くてポリポリと掻いてしまうことで、余計に肌を刺激することになり、妊娠線の発生を促してしまうのだとか。

妊娠の後期には、ホルモンの影響によって体が痒くなることがよくあるそうですが、私の場合はまだ安定期に入った時期だったので、それもないだろうと。すでにお風呂上りに妊娠線のケアを始めていた私ですが、朝の肌も乾燥するという話を聞き、妊娠線クリームで朝もケアすることにしました。

 

痒みが出始めたらしっかり保湿ケア

8987d081271c8d3fdf4c86711a74c0e5_s_s妊娠線のでき始めだけが痒いのではなく、化学繊維など、洋服の刺激で痒くなることもあるそうです。この場合にも、保湿が大切なのだそうです。しっかりと保湿されてふっくらとした皮膚は、外部刺激にも強くなるのだと教えてもらいました。

妊娠線なのか、洋服の刺激なのか、単なる肌の乾燥なのか、原因は結局はっきりしませんでしたが、妊娠線クリームでちゃんとケアしてあげると次第に痒みも引いていったのを覚えています。

 

妊娠後期の体重の急増時は注意!

妊娠後期になると、お腹が急に大きくなり、体重も急に増えてきましたが、早めにケアをしていたのが功を奏したのか、妊娠線はできないままでした。

もちろん、皮膚の状態には個人差がありますし、妊娠線クリームにもさまざまな種類があるので妊娠線クリームが効いたとは断言できないのですが、ストレスの原因になる痒みが治まったことだけでも私にとってはありがたかったです。バストの周りも痒かったので、お腹と一緒にケアを続けていたところ、痒みも落ち着きました。

バストはあまりサイズアップしなかったので、こちらは単純に肌が乾燥していただけか、ブラジャーの繊維が刺激になっただけではないかなと思っています。

コメントを残す