妊娠線クリームがあまっちゃった?あまった妊娠線クリームを有効活用する方法!(ボディクリームや赤ちゃんのスキンケアに使うなど)

妊娠線クリームは普通に使っていても余ってしまうこともあります。たっぷり使って赤ちゃんが出てくるまでに使い切る、というのも方法ですが、赤ちゃんが思ったよりも早く産まれてきたりして、その後に使わなくなってしまうのです。高額な商品なら高かったのに、と残念に思うことも出てきます。

ただ、妊娠線クリームは妊娠線予防だけではなく、いろいろな用途に使うことができます。保湿成分が高く肌に優しいクリームですから、妊娠中しか使わず余って捨ててしまうのはもったいないものです。

そんな余ったクリームを有効活用してみませんか。実はかなり用途は広くなっていて、出産後にも役に立つ機会も多くなっているので、有効活用できるチャンスは多いのです。

 

ママのボディクリームとして利用する

まずはボディクリームとして、自分用に使う方法があります。

これは妊娠線ができるのを防ぐだけではなく、出産後のボディケアとして使うというものです。クリームは保湿成分が豊富に含まれているため、産後の体調の変化や肌質の変化をケアしてくれて肌トラブルを防げるというメリットがあります。

タイミングとしては、できればお風呂あがりや夜寝る前などが最適です。ただ、ゆっくり眠れないことやボディケアに時間をかけられない時も出てくるでしょうから、気が向いた時でも構いません。クリームひとつをさっと塗っておけば体のケアになりますから、とても手軽にできる方法です。

また、むくみが気になるのならマッサージ用のクリームとしても使えます。この時は足の下から上にむくみとりのマッサージをすると、足が楽になりスタイルも元に戻りやすくなるのです。抱っこで腕がつかれた時もコリをほぐすマッサージ用に使えます。

 

赤ちゃんやパパのボディケアにも使える

4fc1e438213613ade368ffb937459556_s_s
妊娠線クリームは赤ちゃんのボディケアにも使えます。

妊娠線クリームの嬉しいところは、無添加・無香料など、とても成分が優しいということです。あまり刺激が強い成分は入っていないのでとてもマイルドでナチュラルなクリームが多く、まだ肌が強くない赤ちゃんにも使ってあげる事ができます。

ただしこの時には最初は少量で試してみて、問題が無いようなら使い続けるようにしましょう。

そして妊娠線クリームはパパにも使うこともできます。パパは抵抗があるかもしれませんが、クリームはとても優しい成分が使われているので、家族みんなで使うことができるのです。もちろんマッサージにも使えますし、乾燥する時期の肌荒れなどにも使えます。乾燥する時期は特に手がカサついたりするので、ハンドクリームなどにも使うことができるのです。

こちらも、使用前には少しだけの量を使って試してみて、問題が無ければ使うようにしましょう。

コメントを残す