妊娠中は日焼けにも要注意!

妊娠中でも外に出かけることはあります。買い物や体調が良い時は、レジャーに出ることもあるでしょう。そんな時に気をつけたいのが日焼けです。

最近では過度の日焼けは良くないと言われるようになっていますから、普段から日焼け止めを塗ってケアしている人がほとんどです。日焼け止めもいろんな種類が出ており、「絶対焼かない人のために」というような日焼け止めもあって、安心して出かけられそうですね。

 

ホルモンバランスの変化に注意!

しかし、妊娠中はホルモンバランスが変化します。妊娠前はどんな日焼け止めを塗っても大丈夫だったけれど、妊娠してから今まで使っていた日焼け止めでかぶれてしまったということがあるのです。

ホルモンバランスの変化により、敏感肌になってしまう人がいるんですよね。妊娠によって急に肌質が変わる恐れがありますから、日焼け止めを使う時は注意してくださいね。妊娠によって肌質が変わるということは、紫外線を浴びることによる肌ダメージを心配しなければなりません。妊娠中は、シミや吹き出物ができやすい状態にあるので、紫外線にはいつも以上に注意するようにしてください。

 

妊婦さん専用の日焼け止めクリーム!?

妊婦さん専用の日焼け止めクリームやローションはあるのでしょうか。妊婦専用の日焼け止めクリームなどは、今のところありません。しかし、肌が敏感になっている可能性があるので敏感肌用のものを使うとか、赤ちゃん用の日焼け止め商品を使うと安心です。赤ちゃん用のものなら、出産してから親子で一緒に使えますからおすすめです。赤ちゃん用の製品は赤ちゃんの肌につけても大丈夫なものを使って作られているので、安心して使えます。

妊娠したとたん、シミが増えてしまったという人はいます。シミは簡単に消えないので、作らないように予防することが大切ですね。海外では、大きなお腹をした妊婦さんがビーチでビキニ姿でいるところを見かけます。日本では妊婦さんがビキニ姿になるのはダメということはありませんが、もし海に行ってビキニのなりたいというのであれば、日焼け対策や安全対策(転んだりぶつけたりしないような)はきちんとするようにしてくださいね。

a0eca4524345ff7ee6caab0e13de040a_s_s

お腹に日焼け止めを塗るのは問題ありませんが、肌に合うものを使ってください。できればビキニよりも、日焼けもカバーできる妊婦さん用の水着を着ることをおすすめします。マタニティー用の水着は、お腹を締め付けたりするものではありませんので窮屈な思いをせずに着用できますよ。日焼け止めは、毎年新しい物を使うようにしてください。去年の残りがあるからそれを使うという人は多いですが、劣化している恐れがあります。効果の方も不安ですし、かぶれてしまう心配があります。

コメントを残す