妊娠中は赤ちゃんの分まで食べた方が良いはウソ!

妊娠したら、周囲の人達から「お腹の赤ちゃんの分まで食べなきゃだめよ」と言われるようになりますよね。もう一人の命を宿しているのですから、お母さん自身もそう思ってしまいがちです。そして、ついつい食べ過ぎてしまう傾向にあります。

昔は確かにそのように言われていて、お母さんは一生懸命食べていました。しかし、今と昔では食生活が随分と違います。昔は栄養状態も良くありませんでした。

ところが今はどうでしょう。食べるものはどこにでもありますし、栄養状態が良くないということはありませんよね。赤ちゃんの分まで食べていると急激に体重が増えてしまい、かえって危険な状態になることがあるのです。

 

最近は体重管理が厳しい!?

最近、産婦人科での検診でも体重管理がかなり厳しくなったと感じませんか?検診のたびに体重が増えていると、看護師さんや助産師さん、医師にも注意されるようになりましたよね。

お母さんが太りすぎると、妊娠糖尿病高血圧になる恐れがあります。太りすぎて脂肪が付くと、産道にも脂肪がついてしまい、赤ちゃんが下りてこられなくなって難産になる可能性もあるんです。

また、赤ちゃんが大きくなり過ぎて出産の時に頭は出たけど肩が引っかかって出られないなんていうトラブルもあるんです。それに、急激に太ると、妊娠線がたくさんできてしまうかもしれないですからね。妊婦さんが太りすぎると、良いことは一つもないんです。

 

まずは軽い運動から♪

妊娠すると赤ちゃんが成長してきますし、羊水などもあるのでお母さんの体重は増えてきます。増えるのは当然なのですが、1週間に500g以上の増加は良くありません。急激な体重の増加は妊娠線の出現だけでなく、妊娠中毒症になる恐れがあります。

標準的な体型の人なら、妊娠による体重増加は7kgから10kgが理想的だと言われています。もしもともと太り気味の人なら、妊娠しても体重増加は5kgから7kg以内に止めておくように病院で指導されます。赤ちゃんの分まで食べて良い、というのは昔の話。今は緩やかな体重増加を目指すようにしましょう。

太りすぎると妊娠中だけでなく、出産時も出産後も大変な状態になってしまいます。かと言ってあまり神経質になるのも良くないので、もし食べ過ぎて1週間に500g以上体重が増えてしまったなと自覚した時は、その時の食生活を見直して反省し、次の週は500g以内に収めるように気をつければ良いのです。

ca666f55798af7e9bc356ea86b7e090c_s_s
妊娠中でも順調なら運動したらダイエットになるじゃない、という人もいます。散歩やストレッチ程度なら良いですが、基本妊娠中の運動は医師の許可を得てからになります。無理のない範囲で行うことが大切です。

コメントを残す