シラノール誘導体の効果や効能は?

シラノール誘導体という言葉はご存知でしょうか。ビタミンC誘導体という言葉なら聞いたことがあるけれど、シラノール誘導体はあまり聞き慣れたものではありませんね。

シラノール誘導体ってどんなもので、どのような効果が期待できるのでしょう?

 

シラノール誘導体が真皮にまで潤いを与える!

シラノール誘導体は、正式にはアスパラ銀酸メチルシラノールヒドロキシプロリンと言います。なかなか1度聞いたくらいでは覚えられませんね。これは、皮膚弾力の修復とコラーゲンの再構築作用があるとされ、張りや弾力がある肌に導く効果があります。シラノール誘導体は、主に妊娠線予防クリームに配合されていて、肌の奥深くの真皮まで有効成分が届くとされています。

肌の表面よりも奥深くにある真皮は、とても伸びにくいと言われていて、妊娠によりお腹が急に大きくなってきたり、太って皮下脂肪がついてきたりすると肌が引っ張られて真皮が傷つき、肉割れを起こして妊娠線の出現となってしまいます。伸びにくいとされている真皮にまで潤いを与えると言われているのが、このシラノール誘導体なんです。

妊娠線予防クリームの多くにはシラノール誘導体が含まれていて、妊娠線予防に効果を発揮していると言われています。シラノール誘導体を配合したクリームを使った妊婦さんの9割が、妊娠線の予防に役立ったという結果が出たそうですよ。これは興味深いことですね。

 

シラノール誘導体には皮膚のダメージを修復する働きが!?

シラノール誘導体に含まれているケイ素が、皮膚のダメージを修復する働きがあります。妊娠線は肌のダメージの一つですから、これが含まれたクリームを使うことによって予防効果を高めているのです。妊娠線ができないように予防していたけれども、できてしまったという人にもおすすめです。

できてしまった妊娠線は元の状態のように完全に消すことはできませんが、薄くして目立たないようにするのは可能です。そんな場合にシラノール誘導体が含まれたクリームを使うことで、そんな悩みを解決してくれます。また、出産後に気になる皮膚のたるみにも、このシラノール誘導体配合のクリームは効果があると言われています。

3269da68f05a198a5f8de1909497740c_s_s
出産後もきれいな肌で引き締まった体型に戻りたいと願う女性はほとんどだと思いますが、そんな時にもシラノール誘導体は活躍してくれるのです。しわやたるみの防止、引き締め効果、ハリの維持、高い保湿力があるとされています。乾燥肌対策やcにも効果があるもので、幅広い年齢層の人たちから頼りにされているのがシラノール誘導体という成分なのです。何か化粧品を探す時は、シラノール誘導体が含まれているかどうかを確認すると良いですね。

コメントを残す