高齢出産は流産するリスクが高い?

若いうちに出産をするのに比べると高齢出産はリスクが高いことが知られていますが、その一つとしてよく言われているのが流産です。

高齢になってからは妊娠に際してトラブルが多いことからできるだけ若いうちに出産を終えてしまいたいと考える人が多いものの、その影響は流産にまで及ぶものなのでしょうか。

その実際のリスクの高さを知って、どのように対策を立てたら良いのかも考えておくと良いでしょう。

結婚したいと思いつつも、仕事をすることを優先しているとつい婚期が遅れてしまって高齢出産になってしまうことはよくあることであり、そうなってもしっかりと子どもを生めるようにするために取り組みを忘れないようにすることが重要になります。

 

高齢出産によって高まるリスク

高齢出産になると様々なトラブルが発生するようになり、妊娠しにくくなるだけでなく、流産のリスクが高まることが知られています。

一般的な流産の確率は15%程度ですが、高齢出産と言われる35歳以上の場合には20%程度であるとされているのです。

もともと母体は若いうちに子どもが作れるようにできているものであり、加齢に伴ってトラブルが生じやすくなってしまうのは必然という他ありません。そのため、若いうちに出産するように心がけるようにするのに越したことはありません。

f28ca1bb3219fa4209eccba29e9d30ca_s_sまた、高齢出産によってリスクが高まることが知られているのがダウン症のリスクであり、染色体異常によって生じることがわかっています。

染色体異常はしばしば流産の原因にもなるため、因果関係こそはっきりとはしていないものの、加齢に伴って染色体異常が起こりやすくなることが流産を起こしやすくしている可能性が示唆されているのが現状です。

 

葉酸で対策できるリスクと流産

流産が起こってしまうことをできる限り対策しておきたいと考えたら、身体が若い状態に近いようにしておくことが重要になります。

栄養状態を良くすることはその基本であり、新陳代謝が良好で、細胞が新しく作れる状態を保っていくことは妊娠後の胎児の成長に大きな影響を与えるポイントです。

その対策として考えておくべきなのf4b72ca9a3fa18877d7e78180f569bae_s_s葉酸の摂取です。

葉酸は細胞分裂において欠かせない栄養素であり、妊娠時には通常よりも多くの摂取が求められます。そのため、通常の食事をしているだけでは不足してしまうことがあるため、十分に意識を持たなければなりません。

 

また、染色体異常によるダウン症のリスクも低減させることができることが示唆されているのも葉酸摂取の特徴です。

食事から補給するのが難しいと考えたらサプリメントを利用して不足しないようにしておくことが高齢出産への有用な準備となるでしょう。また、妊活中から葉酸を飲むことで、より効果を実感できるでしょう!

 

流産の時期とその種類

妊娠が判明したら、無事にベビーの元気な顔を見るために、一番気をつけたい流産

妊娠初期、安定期、出産真近の後期それぞれの時期に起こりやすいものとその種類があります。妊娠12週未満に起こるものを「早期流産」といい、12週以降22週未満に起こるものを「後期流産」といいます。

出血や腹痛などがその兆候であるとされていますが、母体に何の影響も現れず、定期健診のエコー検査で胎児の胎動が止まっていることがわかり、ようやく気がつく場合もあります。

大切なベビーのために、流産の種類とその起こりやすい時期をよく理解し、心と身体の調子を整えて、豊かなマタニテイライフを満喫していただくために、是非この記事を参考にしてみてください。

 

妊娠初期は一番危険!痛みや出血など流産のサインを見逃さないで

妊娠初期に流産してしまうその原因のほとんどは受精卵の異常であると言われています。

胎児の染色体異常卵巣の機能の低下によるもの、もともと子宮が胎児を10ヶ月間育むのに適した環境を持っていないことなどが原因で受精卵の細胞分裂がスムーズに行なえないことが原因として挙げられます。また妊婦さんに持病があると流産のリスクも高くなります。

流産してしまうと、多くの妊婦さんがご自分を責めてしまいがちですが、妊娠初期に起こる流産は、ほとんどが防ぎようのないことであることが多いのです。お仕事を持っていて多忙だったり、運動をしていても、それらが原因になることは、まずありません。

4a2c980501f0cb70723afed63fe27210_s_s流産の兆候として出血や痛みがあります。妊娠初期にこのような症状が出たら早めに産婦人科へ。時期や原因によりますが、流産を防ぐことができる場合があります。

持病をお持ちの方はドクターと相談して少しでも良い状態の時期に妊娠できるようにすることで、流産のリスクを減らすことができます。

女性として、パートナーとの将来や妊娠を意識したら、一日も早く健康的な妊活を始めることをお勧めします。

 

妊娠後期の流産を健康的な生活と小まめな休息で防いで!

妊娠後期に入ると、いわゆる「安定期」と呼ばれ妊婦さん自身もまた職場や家庭でもちょっと気を緩めてしまうことがあるものです。

ですが妊娠中はやはり細心の注意をはらって過ごしたいものです。心身ともに健康的な生活を心がけましょう。お腹の張りを感じたら無理せず横になりましょう。ストレスにも気をつけて。

0c0a8fee9d5f848a4197c4064a155ea4_s_s妊娠初期に妊婦さんが流産する確立は約13%といわれています。これが中・後期になると約1.6%まで下がります

この時期の流産の原因の大半は妊婦さんにあると言われています。妊婦さんが気づかない間に病気に罹患していることもあります。

妊娠後期の流産の兆候はやはり出血と痛みですが初期とは違い、大量の出血がある場合もあります。痛みも出産時に近いものであったりします。

後期の流産の兆候があっても適切な処置を受ければ流産を防ぐこも可能ですが、胎児には大きな負担であることには変わりありません。早産、未熟児出産、さらに重大な先天性疾患の原因にもなります。

「安定期」も引き続き、規則正しい生活と健康的な食生活で、妊婦さんもベビーも準備万端で出産の日を迎えたいですね。

つわりの時は食事はどうする?

妊娠初期に多くの妊婦さんが悩まされる、辛いつわり
個人差はありますが、8週?12週頃にかけてピークを迎える方が多く「吐き気のせいで食事も喉を通らない」という方も結構いるんです。

つわりのメカニズムは完全には解明されていませんが、妊娠して「お腹に赤ちゃんがいる」という特殊な状態から体が引き起こす、妊娠性のホルモンが関係していると考えられています。そのため、赤ちゃんがいる状態が体に馴染んでくる頃には自然と収まります。

では、つわりで食欲がない時の食事はどうしたらいいのでしょうか。「無理にでも食べないといけないの?」「食べても吐いてしまって赤ちゃんの栄養が心配」…このように不安に思う方も多いことでしょう。

今回はつわりの最中の適切な食事の摂り方について、ご紹介します。

 

つわり中でも無理して食べないといけない?

お腹にいる赤ちゃんのことを思うと、「つわり中でも何とかして栄養を摂らなきゃ」とプレッシャーを感じてしまいがちです。

しかし、つわりが起きる妊娠初期は母親が食べたものが直接栄養として母体から胎児へいく時期ではないため、そこまで食べ物に気を使わなくて良いとされています。

ただし、妊娠初期は葉酸の摂取が必要ですので、食べ物から摂れない時はサプリメントで補うようにしましょう。

つわりの期間はせいぜい1?2ヶ月ですので、脱水症状に注意して水分をたくさん摂り、食べれる物を食べられるだけ食べてください。吐き気がひどい時は無理にたくさん食べなくても大丈夫です。

水分さえ摂れていれば、少し食事の量が減っても気にする必要はありません。つわり中の妊婦さんに人気の食べ物には、フライドポテトやトマト、飴、うどん等があります。偏食状態になり心配される方もいますが、ほとんどは一過性のものですので、つわりの間だけと割り切って乗り越えて下さい。

 

食事が作れない時は旦那さんに甘えましょう

つわりの時期に辛いのが、何といっても「食事の匂い」です。ご飯の炊ける匂い、揚げ物の匂い、冷蔵庫の中の匂い…どれもつわり中の妊婦さんの苦手な匂いです。

04579bcdc36758dd78d2a8a0b34f61e6_s_s

ただでさえ吐き気で辛いつわりの最中に、食べ物のことを考えたりキッチンに立って食事を作ることは、心身ともに負担になってしまいます。どうしても食事の支度ができない期間は、割り切って家族に甘えてしまいましょう

最近ではネットスーパーで調理済みのおかずや惣菜の配達が頼めます。配膳さえも辛い時はお弁当や出前を届けてもらっても良いでしょう。時には旦那さんに外食で済ませて帰ってきて貰うのも良いと思います。

妊婦さん自身は食べられる物を無理なく食べれば、それで十分です。栄養面で不安がある場合、妊娠初期に必要とされる葉酸のサプリをプラスして飲むと良いでしょう。

つわりのピークは長い妊娠期間のうちのたった数週間のことですから、あまり気負わずに上手に周りに甘えて下さいね。

つわりと頭痛の関係って?

妊娠してつらい思いをすることになりがちなのがつわりであり、吐き気がして食欲がなくなってしまいがちになります。

胎児のために少しは食べなければならないと頑張るものの、味覚障害も伴ってしまってなかなか口にすることができなくなってしまうのは多くの人が経験するでしょう。

しかし、それだけでなく頭痛も引き起こされることがあり、起き上がることすら辛い状況になってしまう人もいます。
つわりだけでもつらいのにどうした良いのかと悩むようになってしまうと大変です。

頭痛になってしまう原因を知って、適切な対策を立てられるようにすることが重要になります。妊娠中の人もこれから妊娠する予定の人もつわりと頭痛の関係についてよく理解をしておきましょう。

 

妊娠によるホルモンバランスの変化

妊娠するとほとんどの人が経験することになるのがつわりです。

その症状として典型的なのが食欲低下を伴う吐き気であり、その原因は特定できていないものの、ホルモンバランスの変化や自律神経の乱れが要因としてよくあげられるものです。

また胎児を守るために妊婦に安静に努めるように促しているという説もあります。

つわりになったときにはそれ以外にも症状が出てくることがしばしばあります。
その代表的なものが頭痛であり、つわりの吐き気と重なると本当に動けない状況になってしまう人も少なくありません。

両者をつなぐ原因となっていると推定されるのがホルモンバランスの乱れであり、血流量が変化したり、身体の急激な変化によって疲れが出たりしてしまうことによって生じているとされています。

このような因果関係があることから妊娠してしまう以上は不可避であると考えられてしまいがちですが、適切な対策をとっていくことは可能です。

 

頭痛に悩まされたときの対策

つわりの間に頭痛に悩まされてしまったときには対策を立てていきましょう。

ホルモンバランスの変化は妊娠を維持するために欠かせないことから、そこに手を加えるわけにはいきません。頭痛にならない人もいることから、その他の頭痛の原因を取り除く努力をすることが大切です。

頭痛の原因として多いのは眼精疲労であり、パソコンやスマートフォンの利用を頻繁に行っている場合には控えるようにするだけで頭痛が緩和される可能性があります。

333a7013072542f4c84ef29684d83e07_s_sまた全身の水分が足りなくなってしまっていることで脱水症状の形として頭痛が引き起こされる場合もあることには留意しておきましょう。水分補給による改善が見られることもあります。

一方、ストレスも頭痛の原因であり、つわりが酷くてつらくてもできるだけ心身をリラックスさせるようにゆっくりと過ごすことが大切な対策方法です。

つわりといっても色々な種類があるのです!

突然「うっ!」と気持ち悪くなり、洗面所に駆け込んで妊娠に気づく。ドラマなどによくある妊娠発覚のシーンですね。

これは典型的な「吐きづわり」の症状ですが、つわりにはこのような症状以外にもたくさんの種類があります。その中でどのような症状が出るかは人によって違いますし、また同じ人でも妊娠ごとにつわりの種類が変わるという話もよく聞きます。

また、その症状が出る程度も全くと言っていいほど感じない人もいれば、入院するほどひどい状態になる場合もあり、つわりとはかなり個人差のはげしい現象であると言えるでしょう。

そのつわりの中でも代表的な症状のもの、「これもつわり!?」と思えるような、ちょっと特異なものまでさまざま症状を集めてみました。

 

代表的な「吐きづわり」と「食べづわり」

代表的なつわりの症状で、多くの人が経験するのが先にも述べた「吐きづわり」です。

症状はとにかく胸がむかむかしたり、吐き気がしたりして気分が悪く、食べても吐いてしまうといったものです。常に船酔いや二日酔いをしている気分だと例える人もいるつらい症状です。

また、食べ物だけでなく水分も取れない状態になることもあり、このような場合には病院で点滴を受けるなどの対応が必要となります。

また、同じく多くの人が体験するのが「食べづわり」です。

このつわりは名前から「とにかくものをたくさん食べるつわり」だと誤解されていることが多いのですが、実際は「食べないと気持ち悪くなるから食べている」という状態なのです。

こちらは吐き気を抑えるためにたくさん食べてしまい、体重の急激な増加が心配されますので、このつわりの人は気持ち悪くならない程度に少しづつ食べるようにしましょう。

 

こんな変わったつわりも…

では逆にちょっと変わったつわりの症状を見ていきましょう。

5c2c3d08a68faa90031de5ea2ddddf32_s_s

においづわり」と言われる症状もその一つです。症状は人によって差があるようですが、とにかくにおいに敏感になることが特徴です。

例えば、特定のにおいが苦手になり、その匂いを嗅ぐと気持ち悪くなるといった症状や、「ガソリンのにおいが好きになって困った」と言う人もいるほど、どうしてもそのにおいが好きになってしまうというような症状も見られます。

また、とにかく眠くてしょうがないという「眠りづわり」や、ひたすらよだれが出てくる「よだれづわり」という症状もあります。

このように、つわりは人によって千差万別です。つわりの時期はつらいものですが永遠に続くものではありません。また、つわりの体験は母親同士の話のネタとして盛り上がるものの1つです。

つらかった体験も変わった体験も笑って話せるようになりますので、頑張って乗り越えていきましょう!

葉酸にはつわりを軽減する効果あるの?

葉酸には、お腹の赤ちゃんに対する先天性異常が発生するリスクを下げる効果があると言われています。

この葉酸は赤ちゃんがお腹の中で、細胞分裂をする際に必要とするものであり、DNAを構成するためにもとても密接に関係しているのです。葉酸にはそれ以外にも、つわりを軽減する効果も期待出来ると言われています。

個人差がありますが妊娠6週目頃から7週目頃になると妊婦さんにとってとてもつらいつわりが現れるため、悩まされてしまいます。

つわりが重症化してしまうと、歩く事も困難になる場合があるので油断は出来ません。中には出産近くまでつわりが続く人もいてるように、時期や期間は人それぞれなのです。

今回はその葉酸がつわりに与える影響について詳しくご紹介します。

 

葉酸が不足すると妊娠中のつわりが辛くなる!?

妊婦さんにとって、葉酸は必要不可欠な栄養素になります。しかしつわりが激しいために葉酸だけでなく、必要となる栄養素までも摂取出来ない場合もあります。

つわりには現れる時期や激しさには個人差があるのですが、一般的には葉酸が不足してしまうとつわりも激しくなってしまう傾向にあります。そのためつわりによって食事が十分に摂取出来ない場合でも、サプリメントで葉酸を摂取する必要があるのです。

妊娠中に葉酸が不足してしまうと、吐き気や胃に不快感などを感じてしまう傾向にあり、つわりの症状が出てきやすくなるのです。

妊娠中は妊娠前の2倍以上の葉酸が必要となるため、480μg~800μg摂取しなければ葉酸不足になってしまいます。葉酸が不足してしまうと、最悪の場合、入院が必要となる妊娠悪阻の状態になってしまう可能性が高くなりますので注意が必要です。

 

つわりにはビタミンが必要!

個人差はありますが、妊娠5~16週目あたりに嘔吐や吐き気や眠気や胃もたれや便秘などのつわりの症状がひどくなり、水分を摂れない状態になる人が多い傾向にあります。

最悪の場合重度妊娠つわりになり、母体のために中絶をしなければいけない事になります。

つわりにはビタミンがとても重要になり、不足してしまう事によりつわりが悪化してしまう事もあります。またつわりを繰り返す事により貧血の状態になりやすく、さらにつわりを悪化させてしまう結果になります。

869e23c9d142db89c3476ac10596b794_s_s

ビタミンB6にはつわりの原因となるトリプトファンの代謝を整える働きがあるため、摂取する事で体のリズムを整えてくれるのです。そのためつわりによる貧血などの症状も軽減してくれる事になります。

つわりは妊婦さんにとって、とても辛い症状であるため大きなダメージを受けやすくなります。そのためつわりの時は、しっかりと体を休めて眠い時にはしっかりと寝るようにしましょう。

つわりのピークは?【つわりはいつからいつまで】

つわりに苦しんでしまいがちなのは妊婦なら当たり前と思ってしまいがちです。つわりがいつからいつまで続いて、ピークはどのくらいにやってくるのだろうと不安になる人も多いでしょう。

いつからいつまでなのかということを理解してつらさに対する覚悟を決めたり、対策を立てたりするということは妊娠生活を送る上では欠かせないことになります。

ただ我慢するというのではなく、身体に働きかけて症状を抑えていくことも考えるのが賢い方法であり、症状を軽減させるのに役立つ栄養の摂取も考えていくと良いでしょう。

その栄養素として葉酸が役に立つことを知っておくことが大切であり、つわり対策として摂取することを考慮してみる価値があります。

 

つわりがやってくる時期

つわりが始まってしまうと何も食べられなくなってしまうほどに味覚と嗅覚に異常が生じてしまいます

吐き気がして食欲もないけれど、胎児のためを思って何か栄養をとらなければならないと考える毎日になってしまうことはよくあることです。

しかし、つわりは妊娠したらすぐに出てくる症状というわけではありません。早い人では妊娠してから4週目頃から症状が表れてくることがありますが、大まかには4週目から6週目程度が初期症状を感じ始めやすい時期になります。

これがいつまで続くかも人によって異なりますが、長い人の場合には妊娠16週目程度まで続くということが知られている状況です。

それよりも長い人もいますが、ピークは概ね9週目前後におとずれることが多く、この時期にもしつわりの症状を感じなければ大丈夫だったと安心しても差し支えないでしょう。

 

つわりの対策に葉酸の摂取

つわりで毎日がつらいという状況には誰もがなりたくないものであり、妊娠をしたら対策を立てたいと考えるものです。

つわりの原因ははっきりとは解明されていませんが、妊娠と胎児の成長に伴う身体の変化が影響しているのは明らかでしょう。その変化についていけるように栄養をとることが重要になります。

c7fc93d2b4fe6e44074295e9c0d2b0cb_s_s特に栄養素として役に立つと言われているのが葉酸であり、毎日必要量を摂取することによってつわり対策として期待していくことができるでしょう。

食事がつらいというときでも摂取できるようにサプリメントを利用するのも良い方法です。

サプリメントの摂取が胎児に影響しないかと心配してしまいがちですが、胎児に悪影響がないように品質に拘った葉酸のサプリメントも多数開発されていることから、過剰摂取に注意しながら利用すると症状のないままつわりのピークを超えていける可能性が開けてくるでしょう。

妊娠線と遺伝って関係あるの?

女性にとって「妊娠中の期間」というものは、一生のうちでも何にも代えがたいとても幸せな時間です。ですが、その妊娠中にもいくつか気をつけなければいけないことがあります。

出産赤ちゃんの健康にかかわることももちろんですが、その1つが生まれたあとの自分の美容に関係する部分です。

その1つが「妊娠線」です。「妊娠線」は、早い段階からケアをすることで、出来ないようにしたり、ある程度うすくしたりすることができます。「妊娠線」も、妊娠期間を経験した、という立派な母親の勲章のようなものですが…やはりない方がいいですよね。

後々、後悔しないようにここではウワサになっている遺伝が原因なのかどうかと、予防・ケアの方法をご紹介します。

 

妊娠線は遺伝でできるの?

妊娠線は、急激にお腹が大きくなることによって皮膚が引っ張られることに耐え切れず、入ってしまった亀裂を「妊娠線」と呼びます。

出来てしまった妊娠線は消えないので、妊婦さんにとっては大きな心配事ですね。

さて、「妊娠線のできやすさは遺伝するか?」という問題ですが、アメリカにある民間の遺伝子研究機関で「遺伝の要因はある」という研究結果が出たそうです。

遺伝子の中に妊娠線の正体、「肉割れ」の原因となる遺伝子マーカーが発見されました。この遺伝子を持っている妊婦さんは、持っていない妊婦さんに比べて40%も妊娠線ができてしまう確率が大きかったそうです。

つまり、遺伝子で妊娠線のできやすさは決まっている、ということですね。

また体質で肌が乾燥しやすい方は皮膚を伸びにくくしてしまうため妊娠線ができやすい、というデータもあります。
遺伝の部分は仕方ないので、しっかり予防することが大切です。

 

妊娠線の予防とケアの方法は?

妊娠線は遺伝子で決まっているといっても、効果のある予防の方法を知っていて損はありません。

妊娠中のグッズとして、妊娠線クリームが売られていますがこちらを塗って保湿しながら気になる部分にマッサージをしましょう。グレープフルーツなど、柑橘系の香りのするものは気分転換にもなります。

00717e1712df76ce664f1ec40ed90053_sまた、100%オーガニックのオイル保湿力からとてもおススメです。赤ちゃんが生まれてからも、全身に使えるものを選びましょう。

市販のものよりも、インターネット通販でしか買えないものの中にもいいものがありますので、口コミサイトなどもチェックしてみましょう。

人にもよりますが、妊娠7ヶ月から気になり始める方が多いので、妊娠線ができる前からこまめにケアをしておくことが大切ですね。

だんだんと膨らんでくるお腹をマッサージしながらお腹の赤ちゃんに話しかける期間は、妊娠中の大切な思い出の1つになるでしょう。ぜひ、妊娠線のケアもポジティブな気持ちでたのしんでくださいね!

妻の妊娠線を見た男性の反応と本音

妊娠をするとだんだんと胎児が大きくなってきて、お腹が膨らんでくるでしょう。

それ自体はとてもうれしいことではあるものの、そのときにどうしても気にかけてしまうのが妊娠線であり、女性としては美しさを保つためにも気を払うことが多いものです。

なかなか消えないということを知っているからこそ対策をしていく人は多いものの、女性として子どもを身ごもったからには仕方ないと考える女性もいるでしょう。女性の間で意見が分かれることもありますが、その男性からの視点はどのようになっているのでしょうか。

妻の妊娠線を見た旦那の意見を知っておくと心安らぐこともあるかもしれません。
男性から見た妊娠線の実態についてよく知っておきましょう。

 

理解がない男性に典型的な反応

女性にとってはどうしても作ってしまいたくないと考えるのが妊娠線ですが、妻の妊娠線を見た男性の見方にも色々あります。

妊娠線の存在について知らない男性も多く、そういった理解のない男性からの評判は決して高くはありません。

妻のお腹を見て亀裂のような筋が入っているのを見て驚愕するだけでなく、何かおぞましいものを見ているような感じをして拒否してしまう男性がいるのも事実です。

一方、知識がないために女性のことをいたわってくれる男性もいるのが事実です。何事があったのかと慌てふためいてしまう人もいますが、優しい男性の場合には妻の妊娠線を見てなんとか治すことができないものかと考えてくれることもよくあります。

理解がなくても事実を知れば理解して何とかしてあげたいと思う妻思いの旦那の場合にはそういった反応があるものなのです。たとえ見た目がひどくても、何かできることをしたいというのが本音になります。

 

妊娠線の存在を知っている男性の反応

男性の中には妊娠によって妻の身体に負担がかかることをよく知っていて、場合によっては妊娠線ができてしまうことを理解している人もいます。そういう男性の反応として一般的に見られるパターンが二つあります。

一つは妻の姿を見てもっとしっかり対策をとらなければならないと妊娠線クリームを買ってきてくれたり、サポーターを準備してくれたりするというものです。

また、もう一つのパターンとして妊娠線ができてしまったことを慰めるようにして、よく頑張ってくれている妻を励ます言葉をかけるという人もいます。

6d1986e164dcd3093ef8b756dfcffeb8_s_s

このどちらに共通しているのも妊娠線のことを理解しているからこそ、妻のことを想って行動に出ているということです。

もし夫の協力を得たいと考えたら妊娠線について夫に理解してもらうということが大切になるでしょう。そうしておくことで妊娠したときに夫婦の仲が深まる可能性すらあります。

できてしまった妊娠線はエステ通いで消える?

一度できてしまった妊娠線を完全に消し去ることは難しいとされています。ただし、ケアなどをしなくとも、人によっては長い時間を経て少しづつ薄い状態へとなって行くようです。

妊娠線は消し去ると言うより、作らないように予防することが本来適したケアの方法かもしれません。とは言え、できてしまったのなら少しでも目立たない状態にしたいと思う人は少なからずいるでしょう。

近年では、出産後もスタイルをキープしたい人のために産前産後専門コースを扱うエステなどが登場し、人気があるそうです。

キレイと呼ばれるママになるために、痩せ易い傾向があるとされる産後の時期に集中ケアを行うようです。では妊娠線はエステでケアが可能なのか、紹介していきます。

 

エステで妊娠線のケアを受けられる?

産後にエステサロンへ通う理由としては、産後ダイエットはもちろん、出産で疲れた体をリラックスさせる目的や腰痛などのケアを目的にしているなどでしょう。フェイシャルエステなどでは産後直後に出来るとされています。

妊娠線のケアを行うコースは産前産後に対応したコースのあるエステならば取り扱いがあるかもしれないので、一度サロンへ相談してみて下さい。

ただ、妊娠線は一度できると症状の無かった以前の状態へ戻すことが難しいとされますので、目立たなくなればいいことを前提にエステを探すと良いでしょう。

妊娠線のケアを行うコースでは主にマッサージなどで肌代謝をアップさせ、コラーゲン生成のケアをしながら美白を促す方法が多く取られています。効果を得るには重ねての施術が必要とされ、一度の施術で妊娠線が薄くなるなどは期待しないで置くのが無難です。

他の産後エステコースに妊娠線のケアコースをプラスするなどをして、気長に妊娠線の目立たない肌を目指すのもよい方法です。

 

レーザー治療で妊娠線を解消できる?

妊娠線をどうしても解消したいと望む人もいるでしょう。目立たなくさせるのでは無く、治したいのであればレーザー治療を行うエステへ行ってみるのも良い方法です。

妊娠線は赤みが無くなっても筋の状態で白っぽいものが残る場合や、皮膚にへこみの症状などが見られる場合などが人によってあると考えられます。手術跡やニキビ跡を解消する施術を行うエステならば妊娠線のレーザー治療を行っている場合があるので、事前に調べて置くと便利です。

レーザーを使用した施術では、レーザーが皮膚の内側に届けられ、コラーゲンの生成を活発にするなどの効果があるとされます。

1af40001acafe9fa2f537d841edbb087_s_s繰り返しの施術で皮膚の再生能力に働きかけ、妊娠線の無かった状態へと戻す目的を持つのでしょうが、やはり完全な解消には繋がらないと考えられます

ただし、満足する効果を得ているとされる女性は多くおり、かなりのレベルで妊娠線が目立たなくなるのかもしれません。