妊娠線は臨月に一番できやすいって本当?

妊娠線ができてしまうことは妊婦にとっての悩みの種ですが、いつできるのかわからないことも不安を大きくする原因です。

妊娠線ができてしまうタイミングは人それぞれであるのは事実ですが、できやすいタイミングがあるということも知られています。そろそろ生まれる頃と思い始めると妊娠線の対策もおろそかになりがちですが、臨月になるとできやすいということもよく言われています。

それが本当のことなのかどうかは妊婦にとって興味のある話に違いありません。

臨月に一番できやすいのかどうかということを、臨月に何が起こるのかということや、妊娠線ができてしまう原因に立ち返って考えてみましょう。すると行うべき対策が見えてくるはずです。

 

臨月で起こることと妊娠線の関係

妊婦にとって臨月を迎えることは嬉しいことは間違いないでしょう。妊娠生活を長らく過ごしてきて、ようやく子どもが生まれる状況になったと実感が湧いてくる頃になるからです。

臨月になると胎児はそれまでにもましてすくすくと育つものであり、急にお腹が大きくなってくる人も大勢います。その影響もあって出産が近づくのは事実ですが、それが妊娠線をできやすくしてしまう原因ともなることは知っておく必要があるでしょう。

妊娠線はほとんどの場合にはお腹が大きくなったことが直接の原因でできてしまうものであり、特に急激な変化に肌が耐え切れなくなってしまうことでできてしまいます。

それによって肌が皮膚の下で裂けてしまうのが妊娠線の原因だからです。そのため、急激にお腹が大きくなりやすい臨月になって妊娠線ができてしまうという妊婦も現実として多いのです。

 

臨月だからこそ油断のない対策

妊娠線は早い人では妊娠4ヶ月頃から見られるものであり、その頃から対策を行っていくというのが一般的です。

534aa2ab41299d94439e0f4e7ddbaa5d_s_s毎日欠かさずスキンケアを行ったり、体重管理をしながら運動をしたり、サポーターを着用したりして妊娠線ができないようにしている妊婦も大勢います。

それを継続していればそれほど妊娠線ができてしまうリスクは高くありません。しかし、もうすぐ出産だから大丈夫だろうと気を抜いてしまうと臨月に入ってから妊娠線ができてしまうことになりがちです。

人によっては愛用していた妊娠線クリームがなくなってしまって、もう残り僅かな期間だから大丈夫だろうと考えて失敗をしてしまうこともあります。

胎児が育っているタイミングだからこそ、最後の最後まで油断をしないことが重要です。それまで行ってきたケアが十分なものであったと考えて出産の日まで継続するようにしましょう。

出産後でも妊娠線ができるの?

出産の際に、多くの女性が恐れるであろう「妊娠線」。
必ず出るものではなく個人差があるため、極力出て欲しくないと願う方は沢山いるかもしれません。

しかし、この妊娠線は出産時だけではなく出産後に出てくるケースもあるのです。出産が終わればもう心配はいらないと思っていると、痛い目にあう可能性があるので要注意です。

どのように注意したらいいの…?と疑問に思う方もいるはずです。妊娠線が出ないようにするために大切なことは、肌の保湿だったのです。なぜ肌の保湿をすることと妊娠線の予防が関連してくるのか、わからない方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、出産後に妊娠線が出来る仕組みとそれを予防するためのポイントについて、述べていきます。

 

妊娠線って何で出来るの?その仕組みとは…

そもそも、妊娠線がなぜ発生するのかについて述べていきましょう。

妊娠線は、皮膚の下にある真皮というものが断裂することにより発生します。人間の皮膚は、簡単に言うと3層で作られています。一番上が皮膚、そして真ん中に真皮があり一番下に皮下組織があります。

真ん中の真皮はほとんどコラーゲンで生成されていますが、妊娠するとお腹が大きくなりこの真皮が伸びてしまいます。

真皮がこの伸びに耐えられなくなると、コラーゲンが断裂し結果真皮が破壊されてしまうのです。そうすると、真皮の下にある皮下組織が見えてしまうため、赤紫色の線となって皮膚に表れるのです。

出産時はお腹がずっと引っ張られたままの状態を保つので、真皮が伸びに耐え抜くケースも稀にあります。

しかし、出産を終えた後お腹が急に元のサイズに戻る時に真皮が急に縮むので、その変化に耐え切れず真皮が破壊されてしまうことがあるのです。だから、出産後にも妊娠線が出るのです。

 

これでもう妊娠線に悩まされない!

fa2419a2b743e8abcc90db5a508fcb28_s_s妊娠線の仕組みについて述べましたが、その対策法は一体何なのかわかりますか。

妊娠線の主な原因は真皮の断裂なので、その断裂を予防できたら妊娠線で悩むことはなくなるでしょう。

真皮の断裂を防ぐためには、肌の保湿を行ってください。肌の保湿を行うと、皮膚の中に浸透して肌が潤い柔軟性が出ます。柔軟性が出れば真皮の伸びも良くなるので、出産後のお腹の急激なサイズ変化にも耐え抜くことが出来るでしょう。

最近では、妊娠線を予防する専用のクリームまで販売されています。クリームや化粧水などで、皮膚にしっかりと潤いを与えることが重要だったのです。

しかし、どんなに頑張っても妊娠線が出来てしまうこともあります。そういう場合は、レーザー治療や手術で妊娠線を消すことが可能です。費用もそこまで高くないので、すぐに消したいという方はこのような方法を試してみてはいかがでしょう。

妊娠線予防には「クリーム」と「オイル」どっちが良い?(クリーム押しで一番良いのは両方使う)

新しい命を宿し産むということは女性にとってうれしい出来事ではありますが、ただひとつだけ生んだ後に気がかりがありそれが妊娠線というものです。

妊娠線は赤ちゃんをおなかに宿すと赤ちゃんがお腹からずれないように皮膚が前方に大きくなるのですが、その際産まれた後その前に引っ張られていた皮膚が跡になるように線になって現れる状態を指します。

この状態になるのは皮膚のコラーゲンが引っ張られたことによって起きたことで、もちろん時間がたてば元に戻りますがしかし一度引っ張られるとなかなか消えてはくれないのです。

そこで産んだ後の気掛かりである妊娠線予防として行う場合、そのコラーゲンを元に戻すクリームオイルのメリットとデメリットを知っておくことが大事です。

 

妊娠線予防に使われるクリームとオイルのメリットデメリット

妊娠線を予防するためには産んだ後に伸びきってしまったコラーゲンを元に戻すことが大事です。そのためにはコラーゲンの復元に役に立つクリームおよびオイルを使うことが大事になりメリットとデメリットを正確に理解しておくことです。

基本的にクリームのメリットは妊娠線の原因がコラーゲンが伸びきっていることが原因なので、クリームを塗ることによってマッサージをすると伸びきった皮膚の再生が促進されて元に戻る力を戻します

ただその反面クリームはマッサージして延ばさなければならないため、その使い方に慣れていないと皮膚が荒れてしまい皮膚が弱い人には使いづらいというデメリットがあります。

そしてオイルのメリットは通常油のままでの液体なので手で触れるだけで広範囲に使えて皮膚に優しく、さらに高い保湿成分があるので皮膚の弾力を元に戻す力が強いです。

ただしデメリットとしては使うのが油なので酸化が早く使用期限が短いことです。

 

結局のところは両方使うのがベストです。

db286f617d724a292db7b0ac15b6020f_s_s妊娠線予防としてクリームを使うのかそれともオイルを使うのかは議論されますが、先に言ったとおりにクリームにもオイルにも一長一短といった形でメリットそしてデメリットが存在します。

結局のところクリームとオイルどちらを使えばいいかという点においては、基本的に両方同時に使ったほうがいいということになります。

それはオイルの弱点は油で酸化が早いことがデメリットですが使い切れば問題ないので、妊娠線が出来ている範囲すべてに塗るということを毎日繰り返せばいいだけです。

その中でクリームは肌が弱い人には使えないといいましたが、このオイルで皮膚表面を覆っていればこすっても大丈夫なのでマッサージをしても皮膚が荒れることはないのです。

そもそもクリームもオイルも人体にとってよい成分でお互いがけんかすることはないので、どちらかだけを使えばいいというものではなく両方使ったほうがお互いのデメリットを打ち消しあって相乗効果が生まれます

妊娠線ケアは毎日しないといけないの?

妊娠しているということがわかったときには妊娠線ケアを行って痕を残してしまわないようにしたいというのは女性なら誰もが思うことでしょう。

しかし、妊娠中に胎児のことだけでなく自分のことにも気を払っていかなければならないのは大変なことであり、毎日行っていけるのかが不安になる人もいるはずです。

どのようなケアを行わなければならないのかということを知ると共に、毎日行う必要があるのかどうかを理解しておくことは重要になるでしょう。

いつできるかわからないものだからこそ妊娠中は継続的に行うことが大切になりますが、いつから始めるかという視点も持って考えていくようにするとより良い妊娠線ケアを行っていくことができるはずです。

 

毎日行うべき妊娠線ケア

妊娠線の対策のためには周到に準備をしていくことが重要になります。

胎児はお腹の中ですくすくと育っていってしまうため、必然的に妊娠線ができてしまうと言うこともできるでしょう。
いつ何の拍子でできてしまうかわからないからこそ、毎日行っていくことが基本になると理解しておくことが大切です。

特に体重管理スキンケアは妊娠線ケアの中でも欠かせないものです。

bd7944bf815ed942b5f2939142781eea_s_s

体重管理は毎日体重を測り、体重が大きく増えてきた感じがあったら食事を減らしたり、運動を増やしたりするだけで良いため、対策自体は毎日でなくても構いません。

一方、スキンケアは毎日行っていないと十分な対策にはならないでしょう。
妊娠線クリームを用いて保湿を行っていくのが基本ですが、怠った日に妊娠線ができてしまうリスクがあるため、毎日欠かさず行うことが重要になります。

 

予防を始める時期の考え方

毎日妊娠線予防をしていかなければならないとなるといつから始めるかということが大きな問題となります。

始める時期として目安になるのが妊娠四ヶ月であり、このころから妊娠線ができてきてしまう人がいるというのがその根拠です。

できるだけ遅くしたいと考えたら、自分ができやすい体質かどうかを考えることも重要になるでしょう。

体型を考えることが最も重要であり、痩せ過ぎや太り過ぎは妊娠線のリスクを高める要因です。

また、まだ若いうちであるほど妊娠線ができにくいと言われているため、自分の若さとも相談して始めるタイミングを見計らうのが良い方法になります。

そして重要になるのが胎児の発育の状況であり、よく育っているときには早めに、成長が遅れているときには遅めにすることが基本です。予め妊娠線クリームは準備しておいて必要を感じたらすぐに始めるのが良い考えです。

妊娠線ケアの種類にはどんなものがあるの?

妊娠線ケアの種類は主に三種類あります!
オイル・クリーム・ローションです。

そもそも、妊娠線とは何故できるかご存知でしょうか?
皮膚は三層にわかれていて、妊娠で急激にお腹が大きくなることから伸びやすい層と伸びにくい層が断裂することによって、できてしまいます。

また、妊娠線ができる場所や数は人によって違うみたいです。
一度できてしまうとことがないと言われているので、ぜひ予防しておきたいですね!

妊娠線は保湿をして弾力を保つことで防ぐことができます。
ただ、妊娠線ケアの種類は、高い物から安い物、先程あげたオイルやクリーム、ローションなどがあり、どれを選んでいいのか迷うと思います。

妊娠線ケアを選ぶ参考になるよう、それぞれご紹介していきますね!

 

ローション・クリーム・オイルの選び方は?

ローション、クリーム、オイルの特徴からご紹介していきます!

まず、ローションは他のクリームやオイルに比べると保湿効果の高さは低いです。
ただ、皮膚は上から表皮・真皮・皮下組織と三層に分かれています。
表皮は私達が触れることのできる、一番上の皮膚ですね。真皮からは基本的に触れることができないのですが、ローションは真皮・皮下組織まで保湿液を浸透させてくれます!
なので、肌が乾燥しがちな方にオススメです。

クリームは保湿効果も真皮・皮下組織への浸透率も、ローションとオイルの中間となっています。
普通肌の方や、ローション・オイルを使い分ける方は基本的にはクリームの使用をオススメします。

オイルは保湿効果が抜群です!
なので、先にローションやクリームを塗ってからの+αで使うのがオススメです。
オイルや、クリームには匂いのあるものも多いので、匂いに敏感な方は無香料を選ぶのがいいと思います。

 

ケア用品を使うコツとは?

次に、ケア用品を有効的に使うコツを紹介していきます!

妊娠線ケアは血行が良く、肌全体に水分が行き渡っている、お風呂上りがオススメです!

c85176d39340d1ae958eff6fe9093581_s_s
また、肌が乾燥肌の方は先にローションかクリームを塗ってからオイルで蓋をしてあげてください
肌が水分を浸透させた状態を保つことができます。

身体に妊娠線ケアを使用するときは、手のひらを温めてあげてから塗るとリラックス効果も期待できます!

お腹全体を撫でるときは、右回りでマッサージしてあげてくださいね。

マッサージが面倒な方は、肌への浸透力が高い、ケア商品を選んでください。
マッサージが不要となるので忙しい方に特にオススメです!

自分では届かない、太ももの後ろや、下腹部、背中などは自分でも鏡チェックをしつつ、旦那さんにも手伝ってもらいましょう!

これを機に、妊娠線ケアを行い産後も美しい身体になるように頑張りましょう!

妊娠線クリームはどうやって選べば良いの?

妊娠中に妊娠線のケアを怠ってしまうと、産後に痕が残ってしまうためしっかりとケアをする事がとても重要になってきます。
妊娠線を予防するためにも、お腹が膨らむ前の早めのケアが必要です。

しかし妊娠線をケアするためのクリームにはたくさんの種類があり、実際にどれを選んで使用したらいいのか分からない人が多いのではないでしょうか?
またどの妊娠線クリームも同じ成分が入っているわけではないので、必ずしも自分の肌に合う物とは限りません

妊娠線クリームを選ぶ際には、成分や肌質や効果やコストなどにおいていくつか注意しておきたいポイントがあります。そこで今回は、自分に合った妊娠線クリームを選ぶ方法について詳しくご紹介します。

 

妊娠線の原因は何?

妊娠線が出来てしまう原因は、大きく分けると2つあります。

まず一つ目はお腹の赤ちゃんが成長するにつれてお腹が大きくなるために、皮膚が急激に伸ばされてしまう事です。

目安としてお腹が大きくなり始めるのは、妊娠5か月ごろです。
お腹が大きくなり始めると、次第に皮膚の下にある真皮やコラーゲンや弾性線維が皮膚の伸びに追いつく事が出来なくなってしまうため、断裂してしまうのです。
そしてその断裂した所に赤紫色の線状の斑が出来てしまうのが、妊娠線なのです。

そして二つ目は、コルチコステロイドと言われるホルモンの影響です。

妊娠するとこのコルチコステロイドというホルモンの分泌量が増加するため、肌の新陳代謝が抑制されてしまうのです。
そのため肌には弾力性がなくなり、より断裂のしやすい状態になるのです。

妊娠するとこれらの影響が出るため、お腹が大きくなる前にしっかりと妊娠線ケアをする事が必要になるのです。

 

妊娠線クリームの選び方

妊娠線ケア用品には、オイルやローションやクリームなど様々な種類があります。その中でも特にクリームは油分と水分がバランスよく配合されているため、肌の真皮や皮下組織へ水分が浸透しやすくなっているのです。

しかしそのクリームには種類によって配合されている水分量や油分の量は様々です。中にはその配合されている分量によって、オイルに近い物になったりローションに近い物になったりする事もあります。

b5188ad353bffd704cabda7318ba4237_s_s妊娠線クリームを選ぶ際には、保湿成分が豊富に含まれているか、真皮までしっかり浸透するか、引き締める効果のある成分は配合されているか、1か月あたりどのくらいのコストがかかるかを見るのがポイントになります。

妊娠線を予防するために最も重要な事は、乾燥から肌を守る事です。そのため妊娠線クリームには、コラーゲンヒアルロン酸といった保湿成分がたっぷりと含まれているかどうか確認するようにしましょう。

またお腹が大きくなり始める頃から使い始めると考えて、長期的に使用しなければいけないので経済的にも無理のないような物を選ぶ事が大切です。

私のおすすすめの妊娠線クリームは以下です!

妊娠線予防クリーム

 

妊娠線ケアは普通にクリームじゃダメなの?

待望のベビーが体内に宿り、日に日に大きくなっていくお腹。そっと手をあてると新しい命を感じて、幸せいっぱいの毎日ですね。

でも、やっぱり気になるのが妊娠線です。

妊娠線は、一度できてしまえば薄くはなっても完全には消えません。そこで妊娠線をつくらないようにケアが必要になります。

妊娠線ケアといえば、まず保湿クリームを塗ることが思い浮かびます。高価な専用クリームもたくさん販売されていますが、普通のクリームでは効果がないのかと、疑問に思いますよね。

それに、いつごろからケアを始めればいいのかも、気になります。

妊娠線ケアがいつごろから必要なのかと、専用クリームと普通にクリームを塗った場合の違いについて、ご紹介します。妊娠線ケアに興味のあるプレママの皆さんは、ぜひご一読ください。

 

妊娠線クリームはいつから必要?

妊娠線はいつごろから出来始めるのでしょうか。一般的には5か月ごろのお腹が大きくなり始めた時分から出来始めることが多いです。

なかには体質的にあまりお腹の出ない女性もいますが、それでも7か月目に入るころにはかなりお腹が目立った状態になります。

bac055fa1bb2cd83152e27d9e9ba7480_s_sでは、妊娠線予防クリームはいつごろから使用する必要があるのでしょう。

答えは「早ければ早いほど良い」です。お腹がまだ大きくなる前でも、妊娠によってホルモンバランスは妊娠前と大きくかわり、知らず知らずのうちに肌質も変化していきます。

一見乾燥していないようでも、内部から乾燥は始まっています。

胎児の成長によって引き延ばされた皮膚は、きちんと保湿されていないと、ひび割れて妊娠線が出来てしまいます。ですので、お腹がまだ小さいうちから妊娠線予防クリームを塗る必要があるのです。

 

普通のクリームと専用クリームの違い

妊娠線を防ぐためには、どのようなクリームを選ぶ必要があるのでしょうか。

ドラッグストアなどに売られているクリームには、もちろん保湿効果がありますが、やはり妊娠中は専用のクリームを使用するべきです。

妊娠線予防クリームの効果は、妊娠中の女性が使用することに特化しています。

伸びが良く、保湿効果が高い。
妊娠中の体に悪い影響がないように、不純な添加物の配合が少ない。
つわりなどに影響しないように優しい香りであったり、無香料だったりする。
オーガニックな成分のみで構成されている。

など、妊婦に配慮した製品となっていることが多いです。

また、普通のクリームを使っていて、もし妊娠線ができてしまっては、後悔とともにストレスも溜まってしまいます

せっかくの授かったベビーと一心同体の妊婦ライフです。納得のいく製品を使って、楽しく過ごしましょう。

妊娠線には「できやすい人」と「できにく人」がいるって本当?

妊娠線は半数の妊婦にできるということが言われていますが、ただ確率で決まっているわけではないということは知っておくと良いことでしょう。

特別に対策もしていないのに妊娠線ができない人もいるものであり、もともとできやすい人もいればできにくい人もいるのです。

そのため、自分ができやすい人に該当するのか、できにく人に相当するのかを胸に手を当てて考えておくと、どれだけの対策をしていかなければならないかということにつながっていきます。

できやすい人の特徴を理解すると共に、できにくくするための対策方法を覚えて実際に実践していくようにしましょう。たとえできやすかったとしても、しっかりとした対策を立てることで確率は下げられるからです。

 

妊娠線ができやすい人の特徴

妊娠線ができやすい人にはいくつかの特徴があります。

肌の柔軟性が低くて力が加わったときに裂けてしまいやすい状態になっているというのが一つ目の特徴であり、乾燥肌やアトピー肌で肌の状態がもともと悪い人や、脂肪太りをしていて皮下脂肪が多い人は妊娠線ができやすくなります。

一方、小柄な人や痩せ過ぎの人も妊娠線ができやすい傾向があります。
こういう人は身体に対して胎児が大きくなりすぎてしまってお腹がせり出てしまいがちになるのが特徴であり、それだけ肌に負担がかかってしまうのです。

多胎出産のときも同様にして負担がかかりすぎてしまって妊娠線ができやすくなります。

もう一つの要因となるのが年齢であり、若い人の方が肌の状態もよくて肌のターンオーバーも良いことから妊娠線ができにくいとされており、高齢出産の場合には十分な注意が必要です。

 

妊娠線ができにくい人と対策方法

妊娠線ができにくい人はできやすい人の真逆に当たりますが、それに加えて考え方の面からも違いが生じます。

妊娠線ができてしまう原因として急激な体重増加が原因になることが多く、日頃から体調管理ができている人ほど妊娠線ができにくい傾向があるのは事実です。

d25b4e601d563fcd0a89f097de47846a_s_s一方、肌の状態をより良くしようとするまめな考え方を持っている人も妊娠線ができにくくなります。もともと肌の状態が良いことから裂けてしまうリスクが低くなっているからです。

こういったことを考慮して普段からでは難しくても妊娠中は体重管理やスキンケアに気を遣うのが妊娠線予防になります。

体重が急に増え始めたら運動をして減量を行ったり、妊娠線クリームを使って肌の状態を整えたりすることによって妊娠線ができないように対策していくことが可能です。
できやすい人だからといって諦める必要はなく、対策を行っていく姿勢を持ちましょう。

妊娠線クリームがあまっちゃった?あまった妊娠線クリームを有効活用する方法!(ボディクリームや赤ちゃんのスキンケアに使うなど)

妊娠線クリームは普通に使っていても余ってしまうこともあります。たっぷり使って赤ちゃんが出てくるまでに使い切る、というのも方法ですが、赤ちゃんが思ったよりも早く産まれてきたりして、その後に使わなくなってしまうのです。高額な商品なら高かったのに、と残念に思うことも出てきます。

ただ、妊娠線クリームは妊娠線予防だけではなく、いろいろな用途に使うことができます。保湿成分が高く肌に優しいクリームですから、妊娠中しか使わず余って捨ててしまうのはもったいないものです。

そんな余ったクリームを有効活用してみませんか。実はかなり用途は広くなっていて、出産後にも役に立つ機会も多くなっているので、有効活用できるチャンスは多いのです。

 

ママのボディクリームとして利用する

まずはボディクリームとして、自分用に使う方法があります。

これは妊娠線ができるのを防ぐだけではなく、出産後のボディケアとして使うというものです。クリームは保湿成分が豊富に含まれているため、産後の体調の変化や肌質の変化をケアしてくれて肌トラブルを防げるというメリットがあります。

タイミングとしては、できればお風呂あがりや夜寝る前などが最適です。ただ、ゆっくり眠れないことやボディケアに時間をかけられない時も出てくるでしょうから、気が向いた時でも構いません。クリームひとつをさっと塗っておけば体のケアになりますから、とても手軽にできる方法です。

また、むくみが気になるのならマッサージ用のクリームとしても使えます。この時は足の下から上にむくみとりのマッサージをすると、足が楽になりスタイルも元に戻りやすくなるのです。抱っこで腕がつかれた時もコリをほぐすマッサージ用に使えます。

 

赤ちゃんやパパのボディケアにも使える

4fc1e438213613ade368ffb937459556_s_s
妊娠線クリームは赤ちゃんのボディケアにも使えます。

妊娠線クリームの嬉しいところは、無添加・無香料など、とても成分が優しいということです。あまり刺激が強い成分は入っていないのでとてもマイルドでナチュラルなクリームが多く、まだ肌が強くない赤ちゃんにも使ってあげる事ができます。

ただしこの時には最初は少量で試してみて、問題が無いようなら使い続けるようにしましょう。

そして妊娠線クリームはパパにも使うこともできます。パパは抵抗があるかもしれませんが、クリームはとても優しい成分が使われているので、家族みんなで使うことができるのです。もちろんマッサージにも使えますし、乾燥する時期の肌荒れなどにも使えます。乾燥する時期は特に手がカサついたりするので、ハンドクリームなどにも使うことができるのです。

こちらも、使用前には少しだけの量を使って試してみて、問題が無ければ使うようにしましょう。

妊娠線はおなか以外にもできる?どこをケアすれば良いの?

妊娠線とは、赤ちゃんの成長とともに急激におなかが大きくなるにあたって、皮膚の表皮は伸びることができるのですが、その下の真皮や皮下組織の一部は急激に伸びることができないため、引っ張られて亀裂が生じることでできる赤紫色の線状斑です。

妊娠によるコルチコステロイドホルモンの影響で皮膚の新陳代謝が悪くなるのも原因の一つであると言われています。妊娠線に痛みはないのですが、一度できると消えません

出産後は色は白くなり一見目立たなくはなりますが、表皮の光沢はそのままで、でこぼこしたまま残るのでしっかり予防していきたいですね。

おなかにできるイメージの強い妊娠線ですが、実はおなか以外にもできる可能性があるんです。

 

誰もがサイズアップする場所!

すべての妊婦さんがサイズアップする場所、それはバストです。赤ちゃんに母乳を与えるために急激に乳腺が発達するバストはおなかの次に妊娠線ができやすい場所なのです。

臨月までに2カップほどサイズアップするバスト、妊娠初期から急激に大きくなっていくので早めのケアが必要になってきます。おなかがまだ出てこないから・・・と油断していると妊娠線ができてしまうかもしれないので要注意ですね。特に出来やすいのは胸の横の部分です。かゆみを感じたら危険信号です。しっかりケアしていきましょう。

母乳育児のためには妊娠中のおっぱいケアが大切なので、それと同時にバストのマッサージを行いながらクリームなどで保湿していくと効果的です。また、産後でも新たに妊娠線ができてしまう可能性があるのがバストです。搾乳などをしつつ、おっぱいが張り過ぎないように注意しましょう。

 

脂肪がつきやすい場所も要注意!

f97d63dd70f202a292a88ebc1020e513_s_s
妊娠すると、ホルモンの影響で皮下脂肪が蓄えやすくなるため、普段は太りにくい人でも体に脂肪がつきやすくなります。

まずは二の腕。特に上半身が太りやすいという人は二の腕に脂肪がつきやすいので要注意です。内側の柔らかい部分は妊娠線ができやすく、また、外側は自分では見えにくいので、注意しましょう。

次に腰からお尻。大きくなったお腹を支えるために、どんな人でも脂肪がつき、がっしりしていく場所です。元々痩せていて脂肪が少ないという人は特に注意が必要です。大きなおなかに腰回りの皮膚が引っ張られるので、亀裂が生じやすくなります。

そして太もも腰からお尻にしっかり脂肪がつく人は、それを支えるために太ももにも脂肪がついてきます。経ったり座ったりと動きが多いので、二の腕よりもできやすいようです。特に内側の柔らかい部分は、妊娠線ができやすいので日頃からチェックしましょう。

最後に膝の裏。皮下脂肪はつきにくいですが、足全体が太くなることによって皮膚が引っ張られ、妊娠線ができやすくなります。自分で見にくい場所なので、家族にチェックしてもらうといいでしょう。