妊娠線が「できやすい人」と「できにく人」って何が違うの?

妊娠線は全ての人に必ずできるというわけではなく、妊娠線ができる人もいれば、できない人もいます。中には、何人も出産しているベテランママさんでも一度も妊娠線ができないという方もいらっしゃいます。

妊娠線ができやすい人とできにくい人の違いは何なのでしょうか?

妊娠線ができる主な原因は、お腹が急激に大きくなることにお腹の皮膚が追い付かず、亀裂ができてしまうことです。皮膚のいちばん表面の表皮は比較的よく伸びるのですが、その下の真皮や皮下組織などは元々伸びにくいため、その部分に亀裂が生じやすくなります。妊娠線ができやすい人は、次のような特長を持っているといわれています。

ぽっちゃり型の体格の人

小柄の人

栄養不足の人

高齢出産

日焼けしすぎの肌

乾燥肌などお肌にハリがない人

急激に体重増加した人

双子や三つ子など多胎児妊娠の人

2人目以降の経産婦

 

これらについて、それぞれ見ていきましょう。

ぽっちゃりさんは、元々おなかの皮下脂肪が厚いといえます。皮下組織は伸びにくいため、お腹が大きくなると裂け易く、妊娠線ができやすいといえます。小柄の人はお腹の表面積が小さいため、お腹が大きくなることについていけずに妊娠線ができやすくなります。小柄の人でも大きな人でも中にいる赤ちゃんはだいたい約3キロですので、相対的なお腹の大きさを考えるとより小柄の人の方がお腹が大きくなりがちです。

栄養不足の人やお肌にハリがない人などは、お肌の潤いが足りないために妊娠線ができやすいのです。カラカラに乾いた砂漠に亀裂が入っている状態を思い浮かべてみてください。

急激に体重増加した人は、妊娠線ケアを頑張っていてもやはり急激にお腹が大きくなりすぎるため妊娠線ができやすくなります。また、多胎児妊婦さんも、おなかが大きくなりやすいために妊娠線ができやすくなります。お腹にはいっている人数が増えると、その分お腹も大きくなるのは容易に想像できますね。

2人目以降の経産婦さんは、たいてい早くからお腹が大きくなり始めます。一度ふくらました風船は、2回目以降は簡単にふくらますことができますよね。それと同じで皮膚が以前の伸びた状態を覚えているため、お腹が大きくなりやすくなるのです。急激にお腹が大きくなることで、妊娠線があらわれてしまいます。1人目の時はできなかったけれど、2人目で初めて妊娠線ができたという方も多いです。

そして何より、妊娠線ができにくい人はやはり、妊娠線予防クリームを毎日しっかり使って妊娠線予防ケアを行っているために妊娠線ができにくいのだと思います。

 

普通の保湿クリームじゃダメ?妊娠線クリームって何が違うの?

妊娠線の予防クリームは各メーカーよりたくさんの種類が販売されています。どれを購入すべきか迷ってしまいますね。妊娠線予防のクリームは、

「お腹の皮膚の乾燥を防ぎ、お腹の柔らかくすることで妊娠線ができることを防止すること」

という効果が期待できます。

だったら通常の保湿クリームで代用できるのではないか?とふと思うことはありませんか?通常の保湿クリームもお肌の乾燥を防ぐために使いますよね。

妊娠線予防のクリームと普通の保湿クリームでの違いは何でしょうか?普段使用するような保湿クリームで妊娠線予防クリームの代用はできるのでしょうか?

 

妊娠線クリームは無添加・低刺激♪

妊娠線予防クリームは通常の保湿クリームに比べて、より無添加・低刺激の成分が配合されている場合が多いです。そのため、妊娠中の方でも安心して使えるというメリットがあります。

妊娠中はお肌が敏感になり、ちょっとした刺激でもお肌が赤くなる、乾燥してしまう、発疹が出来てしまうという方も多くいます。そのような方でも安心して使ってもらえるように、なるべくお肌に負担とならないような成分が使われています。

また、つわりなどで匂いがダメになってしまう方にも合わせて、妊娠線クリームは無香料または妊婦さんでも比較的受け入れられやすい柑橘系の香りであることが多いです。

伸びが良くてたっぷり使える

妊娠線予防クリームは通常の保湿クリームに比べると伸びが良いものが多いです。大きなおなかにタップリ使えるように、伸びがよくてベタつきを感じないような、浸透の良いクリームが人気です。妊娠線予防クリームは、塗った後マッサージしましょうと書いてある場合もあるのですが、マッサージしていてお腹が張る場合は決して無理してはいけません。

妊娠線予防のクリームは、通常の保湿クリームに比べて大容量の商品が多く販売されています。毎日おなかにタップリ塗るものですので、少量ですとすぐになくなってしまうからです。大容量のクリームはコスパも良くて嬉しいですね。個人差はありますが、いちどの妊娠で妊娠線予防クリームは1本~2本ぐらい使う場合が多いようです。

 

まとめ

普通の保湿クリームを妊娠線予防のクリームとして使うことも可能ではあるけれど、成分や容量、クリームののびや浸透力などを考えると、専用の妊娠線予防クリームを使った方が良いでしょう。

もし妊娠線予防クリームが余ってしまったら、低刺激の保湿クリームとして使うことができます。産後の乾燥肌ケアなどに使っても良いでしょう。生まれてきた赤ちゃんの乾燥予防に使える場合もあります。

 

ちょいぽちゃは妊娠線ができやすいって本当?

ちょいぽちゃさんは妊娠線ができやすいといわれています。

実は本当です。ちょいぽちゃさんは普通の人に比べると妊娠線ができやすいといえます。これはどうしてでしょうか?

赤ちゃんが急激に大きくなるとお腹もぐんぐん大きくなり、お腹の皮膚がお腹の成長スピードに追い付かずに亀裂が生じてしまうことが妊娠線の原因です。このとき、皮膚の一番上の表皮はまだ比較的伸びやすいため、表皮が裂けることはありません。

しかし表皮の下の真皮やその下の皮下組織は伸びにくいため、急激なお腹の変化についていけずにあっさりと亀裂ができてしまいます。皮膚の一番上は裂けないので血は出ませんが、真皮やその下の皮下組織が裂けると赤いミミズ腫れのような目立つ線がお腹に出来てしまいます。

 

ちょいぽちゃさんの皮下脂肪が多いのが原因

ちょいぽちゃさんは、普通体型の人に比べて皮下脂肪が多いのです。

皮下脂肪は伸びにくいため、お腹が急に大きくなると裂け易く、そのため妊娠線が出来やすくなります。ちょいぽちゃさんが妊娠線ができやすいということはちゃんと理由があるのです。

ちょいぽちゃさんはお腹の他に太ももや胸、二の腕などにも皮下脂肪が多くあるため、これら部分も妊娠線ができやすくなります。

とはいっても、ママのお腹に皮下脂肪が全くない、ということは逆に赤ちゃんにとってはあまりよくありません。皮下脂肪は赤ちゃんを衝撃や熱さ寒さから守るクッション的な役割を果たしています。皮下脂肪がないと衝撃や暑さや寒さなどがダイレクトに子宮の赤ちゃんに届いてしまいます。

ですので皮下脂肪は適度にあったほうが良いようです。妊娠すると腰回りがしっかりするのはそのためで、皮下脂肪をお腹の周りにつけることで、赤ちゃんを外部刺激から守る働きがあるのです。

 

急激な体重増加に気をつけて!

ちょいぽちゃさんでも急激にお腹が大きくなることを防ぐことで、妊娠線を防ぐことができます。暴飲暴食を避け、栄養バランスのとれた食事を規則正しく美味しく食べることが大切です。

普通の人の理想的な体重増加はプラス8キロから10キロですが、ちょいぽちゃさんはもうちょっと少な目の体重増加でも大丈夫です。ちょいぽちゃを気にして全く体重増加しないということは良くありません。赤ちゃんがお腹の中で育っているわけですから、ある程度は体重を増やした方が良いのです。

ちょいぽちゃんは積極的に妊娠線予防クリームを使うと良いですね。浸透の良いクリームを使い、皮下組織を柔らかくして、急激なお腹の変化にもついていけるような環境づくりを心がけましょう。

 

妊娠線ケアって毎日しないとダメなの?

妊娠線ケアとして妊娠線予防クリームをお腹に塗るのは、毎日では結構面倒だったりしますよね。妊娠線ケアって毎日しないとダメ?と思われる方、安心してください!毎日じゃなくても大丈夫です。

 

妊娠線予防クリームの目的は保湿!

妊娠線予防クリームをおなかに使う大きな目的はおなかの保湿です。

たとえば毎日のお顔のスキンケアですが、たまに忘れる日はありませか?飲み会から帰ってきてシートタイプのメイク落としでメイクだけ落として終了という日もたまにはあるでしょう。いつも使っているクリームがなくなってしまって補充もないため、今日はクリームを使わないという日もあるでしょう。

でも、それらは次の日にきちんとケアすると良いことですよね。さすがに1週間まったくスキンケアをしないと乾燥やくすみ、肌荒れなどの原因になって、お肌にはあまり良くないでしょう。

 

1日2日ぐらい塗り忘れても大丈夫♪

そんな感じで、妊娠線予防クリームも、1日や2日塗り忘れた日があっても大丈夫です。1週間全く使わないとなると少々不安ですが、そんなに神経質にならなくても大丈夫です。

塗り忘れた日やクリームを塗るのが面倒な日は、少々サボっても全く問題はありません。次の日にたっぷり塗るなどしてやると良いですね。

ただし、妊娠9か月以降から予定日までは、おなかが一気に大きくなりますので、なるべくなら毎日忘れずに妊娠線ケアしてください。

本当に、毎日お腹がどんどん大きくなるので面白いですが、妊娠期を通じて妊娠線が最も出来やすい期間でもあります。

1日忘れただけで妊娠線ができてしまった!という方もいらっしゃいます。

あの時塗っていれば!などと思うことは悔しいですよね。臨月になるとお腹が大きくなって塗るのも一苦労だったりしますが、パパに手伝ってもらうと良いでしょう。

 

妊娠線予防クリームを習慣化して塗り忘れ防止♪

妊娠線予防クリームは朝の着替え時とお風呂あがりに塗るなど、習慣化すると良いですね。

クリームは手にとってしばらく置き、人肌に温めてから塗ると良いでしょう。特に冬などは、冷たすぎるクリームはお腹が張る原因になるのです。お風呂あがりは手も温かくなっていますので、ちょうど良いですね。

また、妊娠線予防クリームでお腹をマッサージしながらぬると、赤ちゃんとのスキンシップにもなって良いでしょう。クリームを塗っている時に赤ちゃんが元気に動くと、とても嬉しくなっちゃいます。

しかし、特に臨月付近では、お腹をマッサージすることでお腹が張ってしまう原因にもなってしまいますので注意してくださいね。お腹が張った場合はマッサージは即座にマッサージを中止してください。

あの人には妊娠線がない!?妊娠線が出来やすい人の4つの特徴!

妊娠線は妊娠によって子宮が大きくなることにお腹の周りの皮膚がうまく対応できなくなり、皮膚に亀裂が生じてしまうことが原因です。一度妊娠線が出来てしまうと、完全に綺麗になることは大変難しいです。

そのため、妊娠線はできるだけ作らないようにするのが良いのです。そんな妊娠線ですが、妊娠線にも出来やすい人と出来にくい人がいるということをご存じでですか?

どのような人に妊娠線は出来やすいのでしょうか?

 

乾燥肌さんは妊娠線ができやすい?

乾燥肌さんは妊娠線が出来やすいです。というのも、乾燥肌さんは皮膚がよく伸びないからです。つきたてのお餅は柔らかくてよく伸びますが、日が経つと乾燥してかたくなり、ひび割れなどが起こりますよね。

それと同じで、乾燥肌さんはお肌が乾いていてお腹の大きさの変化についていきにくいのです。同じ理由で若い方よりは高齢出産の方の方が妊娠線は出来やすいです。単に年齢というよりは、お肌年齢といったほうが良いでしょうか。

お肌にハリがあり、柔らかくてよく伸びる方は妊娠線が出来にくいのです。

体重増加が早い人

体重が増えるスピードが早い人も妊娠線が出来やすいです。ここで注意してもらいたいのは全体として何キロ太ったかではありません。妊婦さんの理想的な体重増加は全体で+8キロから10キロと言われています。

たとえ10キロ以上増えても、ゆっくりと体重が増えている場合は妊娠線は出来にくいのです。

逆に、体重増加を8キロから10キロ以内に抑えたとしても、いちどに急激に体重が増えている場合は、妊娠線が出来やすくなります。目安として1週間で500グラム以上体重が増えている状態が続くと要注意です。

 

ぽっちゃりさん

体型はやせ形よりも、じゃっかんぽっちゃり体系の人の方が妊娠線は出来やすいです。皮膚の下には皮下細胞がありますが、この皮下細胞も伸びが悪く、お腹が急激に大きくなるとその速さに順応できなくなるからです。

皮下脂肪は赤ちゃんを外部刺激から守るクッション的な役割を果たすため、ないよりはあったほうが良いのですが、皮下脂肪がありすぎるというのもちょっと困りますね。

 

小柄な人

大柄な方よりは小柄な方のほうが妊娠線は出来やすいです。小柄な方のほうがより、お腹が大きくなるにつれて皮膚が引っ張られるからです。赤ちゃんの大きさは大柄な方も小柄な方もだいたい3000g前後で同じですから、小柄な方のほうがよりお腹は大きくなり、お腹周りの皮膚は引っ張られて妊娠線が出来やすくなります。

これらの妊娠線が出来やすい方に当てはまる場合は、より丁寧に妊娠線ケアを心がけてみてくださいね。妊娠線予防クリームでお腹をしっかり保湿することは妊娠線予防に大変効果的です。

 

もう妊娠線は怖くない!?妊娠線の予防法3原則!

今回は、妊娠線の予防方法についてご説明します。妊娠線は妊娠中の急激な体重変化によりお腹や太ももなどの皮膚が急激に引っ張られて裂けてしまうために出来るものです。

妊娠線ができてしまうと、しばらくは目立って、その痕はずっと残ってしまいます。できるならば、妊娠線は作らないようにしたいですね。妊娠線を予防するための対策にはどのようなことがあるのでしょうか?

 

体重増加を避ける

妊娠線の原因である急激な体重変化を避けることが予防法としてあげられます。

妊娠中でなくても急激に太ったりした場合は妊娠線のような肉割れの症状が起こります。急激に体重を増やしてしまうことは、妊娠線を作ってしまうばかりか、赤ちゃんが生まれるときに通る産道に余計な肉がついて狭くなり、難産になる可能性も引き起こしてしまうのです。

できることならば、妊娠中の体重増加は8キロから10キロまでの間に抑えておきたいところです。妊娠中は特に太りやすい時期です。和食中心の栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。とはいっても、ストイックに食事制限ばかりしているとストレスがたまりますので、たまには解禁日を作ってあげましょう。

妊娠期に大切なのは、心身ともにリラックスした状態です。ストレスが多くたまってしまうと、お腹の赤ちゃんによくありません。例えば妊婦健診の日は自分にご褒美DAYとして、大好きなものを食べるなどといったことを決めておくと体重のコントロールも行き詰ることなく無理なく続けられそうです。

 

さらしは効果的?

最近ではあまり使われることがなくなってきましたが、昔は妊娠5か月ごろよりさらしをおなかに巻きました。今では専用のガードルタイプのものなどもあります。女性がブラジャーをつけて柔らかい胸を固定するのと同じように、さらしやガードルなども柔らかく大きくなるお腹を固定してお腹を支えることが目的です。

そしてお腹を固定することで、急激にお腹が大きくなりすぎることを防ぎ、妊娠線の予防にもなるのです。

 

妊娠線の予防には保湿が一番大切!

妊娠線の予防方法として最も大切なことはお肌の保湿です。顔も乾燥すると小じわやほうれい線が目立ったりしますよね。それと同じで、おなかも乾燥すると妊娠線が出来やすくなってしまいます。

十分な潤いをお腹に与えてやると皮膚が柔らかくなり、お腹が急激に大きくなってもその伸びに皮膚がついていけるのです。つまり、お腹を十分に保湿すると妊娠線が出来にくくなります。

妊娠線予防のクリームは、お肌を保湿して妊娠線ができるのを防ぐことが目的です。妊娠期間中おなかにたっぷり塗れるように大容量タイプのものが多いです。妊娠期間中を通じて、たっぷりお腹や気になる部分に使って妊娠線を予防してくださいね。