妊娠線ができやすい人ってどんな人?

妊娠線ができないようにお手入れをしているつもりでも、妊娠線が出来てしまう人は多いようです。

自分は妊娠線ができやすいので、お手入れを諦めてしまう人も多いようですが、妊娠線ができやすい原因は必ずあるものです。

では、妊娠線ができやすい人は、どのような人なのでしょうか?

そもそも妊娠線は、お腹が次第に大きくなる過程でできるもので、皮膚がお腹の大きさに耐え切れず避けてしまう為に作られるものです。妊娠線の予防をしている人は、お腹を温め皮膚を柔らかくし、乾燥させないようにクリームを塗っていると思います。

お手入れを何もしていない人は、妊娠線ができやすいのですが、お手入れをしている人でも妊娠線が作られてしまう場合があります。

 

妊娠線は体質にも関係が!

乾燥肌の人や冷え性の人も妊娠線ができやすく、体を冷やす食べ物を好んで食べる人もできやすいようです。

妊娠線を作りたくないのであれば、自分のタイプを把握しておくことで、お手入れ方法も対策も変わってくると思います。妊娠線ができやすいのであれば、できにくい対策を取ってお手入れをしていくことが大切です。

また、妊娠後期に入ると、グーンと赤ちゃんが大きくなるので、妊娠中期の後半から特に念入りにお手入れをして、保湿を重視してケアしていきましょう!

 

妊娠線ができる原因は?

妊娠線を作らせないためには、妊娠線ができる原因を知っておくことが大切です。

妊娠線は、どうしてできてしまうのでしょうか?

お腹の中の赤ちゃんが大きいと、妊娠線が出来やすいと思っている人も多いようです。しかし、赤ちゃんが大きくても、妊娠線ができない人もたくさんいます。

妊娠線は、冷えや乾燥が原因で皮膚が伸び切れずに割れてしまう現象です。妊娠線を作らせないためには、お腹を温めて十分すぎるほど保湿をしてあげることです。

そうすることで、柔らかく伸びやすいお腹になり、大きくなるお腹に皮膚がついていくことができるので、割ることはなくなるということです。

妊娠線の原因を知ることは大切♪

妊娠線の原因を知っておくことで、今後のお手入れをしっかりと取り組んでいくことが出来ると思います。お腹をしっかりと守っていても、冷えや乾燥はどんどん進んでしまいます。服を着ているから乾燥しないとは限らないのです。

妊娠後期に入ると、赤ちゃんの成長も早くなるので、頻繁に保湿してクリームを塗るようにしていき、乾燥から守っていきましょう。

妊娠線が出るタイミングは人それぞれ異なります。単にお手入れをするのではなく、原因をきちんと理解してケアする方が、念入りさが大きく変わってきます。

思っている以上に乾燥するものなので、抜かりなくお手入れをしていきましょう。

 

妊娠線ができてしまったらもうケアはやめて良い?

妊娠線を作らせないようにお手入れをしていても、妊娠線がいつの間にか出来てしまっていたという人もいると思います。

妊娠線が出来てしまったので、もうケアしても意味がないと思う人も多いようですが、妊娠線をケアする専用のクリームもあるので、最後まで諦めずにお手入れを続けていくことが大切です。

産後の妊娠線ケアクリームもあり、予防だけではなく、できてしまった妊娠線のお手入れをすることができる商品もあるのです。

しかし、妊娠中のケアをしっかりすることで、産後のケアが楽に行うことができます。妊娠中に妊娠線ができてしまったとしても、その後のお手入れも引き続き取り組んでいきましょう。

産後の妊娠線ケアで薄くなる?

pl-201497914904産後のケアを楽に進めていくことができ、薄くなっていくのも早いようです。妊娠線を作らせないためにケアしているのに、いざできてしまうとがっかりしてしまいます。

産後の妊娠線ケアクリームも、充実した商品が多くなっているので、諦めずにお手入れを続けていくことが大切なのです。

毎日毎日ケアを続けていくと飽きてしまう人も多いようですが、赤ちゃんとの対話を楽しむ時間にもなるので、時間をかけてしっかりとクリームを塗ってあげるべきです。

暖かくて柔らかくしっとりとした肌を保ち、出産を待ちましょう。

 

妊娠線を作らないためにはいつからケアするべき?

「妊娠線は絶対に作らない!」と強い意識を持ってケアを開始する人は多いと思います。

それでは、いつからケアするべきなのでしょうか?

お腹が大きくなってからでは遅く、大きくなり始める前に開始していくことが大切です。お腹が少しずつ膨らみはじめるのは、妊娠4ヶ月から5ヶ月付近からですので、遅くともこれまでにはケアをはじめるべきです!

丁度安定期に入ろうとする辺りなので、体調も少しは落ち着いて取り組みやすくなると思います。お腹を温めて、乾燥させないことが一番のポイントになります。

そして、妊娠後期はクリームを多めに塗り、1日1回または2回のクリームを3回から4回に増やしていき、痒みが出たらその都度クリームを塗りこんでいきましょう。

妊娠初期はストレッチ!

妊娠初期はツワリがひどく、思うようにケアができないと思います。また、あまりお腹を刺激しない方が良いでしょう。

妊娠初期はとにかく安静にしておき、軽めのストレッチを行っておくと良い気分転換ができます。

しかし、お腹以外の部分をストレッチさせましょう。妊娠線は、お腹意外にもお尻や太ももの付け根にもできやすいです。

ストレッチはもちろんのこと、クリームを塗るときはお腹だけではなく、お尻や太ももの付け根にも塗るように心がけていきましょう。

こちらも、妊娠4ヶ月から5ヶ月辺りからお腹周りと一緒にお手入れをしていくと良いようです。

 

妊娠線っていつ頃にできるの?

あなたは、もう妊娠線ケアを始めていますか?

妊娠線が出る時期は人それぞれですが、一般的には妊娠後期の8ヶ月から9ヶ月頃に出る人が多いと言われています。妊娠線のケアをしていても、妊娠後期になるといつの間にか出来てしまっているというケースも多く、妊娠後期は今までよりも念入りにクリームを塗ってケアをすることが大切です。

 

妊娠線ケアは4ヶ月頃からはじめる!

妊娠線ケアは、妊娠4ヶ月から5ヶ月に入った辺りから始めて行きましょう!

お腹を冷やさず、柔らかくて伸びやすいお腹にしておくことがポイントです。冷たく冷え切った皮膚は亀裂ができやすいので、妊娠線も出来やすくなるのです。

妊娠後期からケアをスタートさせる人もいるようですが、早めにお手入れを始めておくほうが良いでしょう。早めのケアをすることで、少しずつ大きくなっていくお腹に皮膚が対応しやすくなります。

お腹はまだそれほど大きくなっておらず、お手入れはまだ必要ないと思っていても、少しずつお腹は大きくなっているので、早めにお手入れを開始していくことが大切です。

妊娠線を作らせないためにも、面倒くさがらずに毎日お手入れを欠かさず行うことが大切です。赤ちゃんとの対話を楽しみながら行うと、毎日楽しく取り組むことが出来ると思います。

 

妊娠線ケアにアットノンて効くの?

アットノンは、皮下組織の血流の循環を促し皮膚の新陳代謝を上げ、傷跡を残りにくくする効果のある医薬品です。

できてしまった直後の妊娠線は赤く、時間が経ってしまった妊娠線は白くなります。

アットノンは、できてしまった直後の妊娠線には効果的なようですが、時間が経過した妊娠線には効果はないようです。

そもそもアットノンは、傷あと・やけどのあとに塗る医薬品で、傷あとを目立たなくしてくれるものなので、妊娠線のケアには向いてない商品です。

 

アットノンでは妊娠線予防もできない!

もちろん、アットノンは妊娠線ケアだけではなく、予防にも向いていないので、妊娠線専用クリームを利用して予防やケアをすることが大切です。

妊娠線ができた直後は痛みがなく、とにかく痒いという症状が出てきます。できたばかりの妊娠線は、痛みはないのですが怪我をした状態とよく似ているので、アットノンでもある程度効果が期待できるのです。

ですが、時間が経過してしまうと効果がないので、使うなら妊娠線がまだ赤みを帯びている状態のときに使用するとよいでしょう。普段から妊娠線の予防をしていても、いつの間にかできてしまう場合があります。そのような時に、応急処置として使用すると良いでしょう!

普段は専用の妊娠線クリームで予防をしていき、それでもできてしまった場合の緊急時にアットノンを利用するのも良い方法です。

 

もし妊娠線ができたらこうして治そう!

妊婦さんのお腹まわりに出来る筋状のアザに、妊娠線ショックをうける女性は少なくありません。完全に綺麗になくす事がむずかしいと言われている妊娠線を効果的に消す方法はあるのでしょうか?

まず最初に、妊娠線が出来てしまう仕組みを知っておきましょう。

私たちの身体の皮膚は外因的なストレスからお肌を守る表皮と、細胞である皮下組織、そしてこの2つの間には真皮が存在しています。表皮はとても強く出来ているため伸びにくく、真皮は柔らかい組織で構成されているため伸びやすいといった特徴があります。

その為、妊娠をきっかけに急激に広がるお腹まわりの皮膚が、伸びようとする力とそれを抑え込む力の2つの作用が働きます。

すると皮膚の組織に強い力が加わることで組織が破壊されてしまい、筋状の線がお腹に現れます。

 

妊娠線の前兆を見極める!

妊娠線を回避するためにも、妊娠線の前兆を見極めることが大切です。

一番多い症状が皮膚の痒みです。乾燥している時期に限らずピリピリとした痛みや下っ腹が痒くなりだしたら、妊娠線が現れる前兆です。

バランスのとれた食事とカロリー計算で、体重を増やさない事を意識しましょう。

万が一、妊娠線ができたら予防クリームが効果的です。

保湿効果が高く、妊婦さんでも安心して使える成分で作られた専用のクリームもあります。やさしくなでるようにたっぷりと塗り、そしてマッサージをしてあげると妊娠線が次第に薄くなっていきます。

 

妊娠線ができたらする事のまとめ

妊娠線ショックをうける方はとても多いです。そこで、妊娠線ができたらすることをまとめてみまた。

今日からできる方法ばかりですので、悩んでいる方は是非挑戦してみましょう。

まず、妊娠線前兆というものがあります。お腹の皮膚がヒリヒリとする、また胸の下まわりが痒い、などの症状が現れたら妊娠線ができる兆候かもしれません。

そこで、自宅にあるボディークリーム(できれば妊娠線専用のクリーム)を使って念入りに保湿をしてあげましょう♪

またはハチミツでも代用することが可能です。ハチミツには天然の保湿効果があると言われているため、肌にストレスを与えずしっかりと保湿することが可能です。

 

アレルギーのある方は妊娠線専用クリームがおすすめ!

アレルギーをお持ちの方は、妊婦さん専用の予防クリームを使用する事をおすすめします。

市販されている商品の中には、抵抗力の弱い赤ちゃんや妊婦さんにアレルギー症状を引き起こす可能性がある成分が使用されている事もありますの

で、成分表を見るなど事前に確認をしておきましょう。次はバスタイムを意識するという事です。さっと入ってしまう方も多いですが、実はそれもったいないです。

ぬるま湯につかる事で、固くて伸びにくい皮膚もやわらかくなります。
このタイミングでマッサージをしてあげると、妊娠線ができにくくなります。是非、試してみて下さい。

 

妊娠線ケアクリームと保湿クリームの違いは?

妊娠線を予防したりできてしまった妊娠線を消したりするための対策には様々なものがあります。そのうちの一つに妊婦さんに向けて製造されている「妊娠線ケアクリーム」があります。

一般に売られている普通の「保湿クリーム」に比べると価格が高いため「保湿クリーム」で代用しようとされる妊婦さんも少なくありません。節約のために同じ効果があるのであれば安いものでよいと思うのは当然です。

しかし、実は「妊娠線ケアクリーム」と普通の「保湿クリーム」には明確な違いがあります。

もし、きちんと妊娠線をケアしたいと思うのであれば、自分に合った「妊娠線ケアクリーム」を選んで使い続けるのがとても大切なことなのです。

では「妊娠線ケアクリーム」と「保湿クリーム」では一体何が違うのでしょうか?
この二つの違いをきちんと知っておきたいですね。

妊娠線ケアクリームは保湿クリームと何が違うのか?

人間の肌は三層構造でできており、一番表面から表皮、真皮、皮下組織となっています。いわゆる普通の「保湿クリーム」はカサカサしたお肌をしっとりさせるもので、一番表面にある表皮に効果があるように作られています。

一方で妊娠線は、表皮の下の真皮が断裂することによってできるものです。つまり、そもそも普通の「保湿クリーム」は傷ついた真皮をケアできない製品であるため妊娠線に効果的に効くわけがないのです。

対して「妊娠線ケアクリーム」は断裂が起きている真皮にまで保湿成分が届くように作られているのです。だからこそ高価になってしまいますが妊娠線に効果的に効く製品となっているのです。

また、妊娠中は体質が変わってこれまでは平気だった成分や香りを不快に感じることもあります。このような妊婦さん独特の性質にも配慮して作られているのです。

出産後に妊娠線で悩まないために

20131570533_2普通の「保湿クリーム」では妊娠線への効果が見込めない理由がお分かりいただけたかと思います。

「妊娠線ケアクリーム」では確かに高価になってはしまいますが、その中には妊娠線への高い効果と妊婦さんへの配慮まで含まれているのです。

代用していて効果が見られなかったり、気分が悪くなったり、お肌が荒れてしまったりしてから「妊娠線ケアクリーム」を買い直すくらいなら、最初から「妊娠線ケアクリーム」を使っていた方が無駄がなくよりよい効果も得られてお得ですね。

また、「妊娠線ケアクリーム」と書かれると妊娠中にしか使えないように思われる方もいらっしゃいますが、要は保湿性の高い高品質クリームですから、残ってしまっても出産後にハンドクリームやボディークリームとして使うこともできるのです。

 

妊娠線ケアにこの方法がベスト!

王道はクリームでマッサージケア

妊娠線…それが出来ると二度とビキニが切れない恐怖の肉割れ。

妊娠線ケアをすれば肉割れを起こす危険を減らすことができます。残念ながら妊娠線ケアをしても完全に予防できないけれど、ある程度は防ぐことができます。

一番メジャーな方法は、人視線専用クリームでのマッサージケア。

妊婦向け専門紙を開くと迷うほど多くの種類があります。安いもので数千円、高いと数万円するものもありますが、よほど肌にトラブルがなければ安価なもので十分です。

他にもローションやオイルがあり、これらを組み合わせて使うこともあります。肌に浸透しやすいのはオイル、皮膚の保湿を保つのはローションが最も適しています。クリームは両方の良いとこ取りでバランスが良いのが特徴です。

いろんな方法でマッサージすることで、より効果的な予防ケアができます。

妊娠線ケアの場所はお腹、太もも、ヒップ、そして腕

妊娠線ケアの方法は、脂肪が厚い部位に積極的にマッサージするのが基本です。

妊娠線は急激にお腹などが伸びることで皮膚の下が割れてしまい、真っ赤な筋になってしまう現象です。皮膚の表面は伸びやすい作りをしていますが、下のほうはあまり伸びません。だから放置しておくと割れてしまうのです。

それを防ぐ方法は地道な努力のみ。お風呂上がりの血行が良いときに、たっぷりクリームを使ってマッサージしましょう。まずはお腹を念入りに、それから太もも、ヒップ、二の腕と続きます。

場所によって皮膚の乾燥が違うこともあるので、乾燥が気になるところはクリームを塗ってからさらにローションで保湿すると良いでしょう。手が届かない場所は、旦那さんに塗ってもらいましょう♪

乳房も妊娠線ケアが必要な場所ですが、乳房を触ると子宮が収縮しやすいので正周期(32週以降)から行うと安心です。

できるだけ自然な素材で妊娠線ケアを

妊娠中は体質が変わり、化学薬品が肌に合わなくなることがよくあります。

赤ちゃんにとってもあまり良いものではないので、妊娠線ケアには出来るだけ自然に近いものを使いましょう。保存料や香料無添加の商品も増えています。

妊娠線ケア専門のオイルもありますが、太白ごま油がお薦めです。炒っていない生の白ごまを絞った油で、天ぷら油に少し混ぜて使うと油の保ちが良くなります。

もちろん口に入れても安心なので、妊娠線ケアには最適です。方法は簡単で、太白ごま油をそのままオイル代わりに使うだけ。太白ごま油だけでケアする過敏肌の人もいるほど安全です。

妊娠線を防ぐには血行が良いことが大事。いろんな方法でケアすることで血行が良くなり、予防に繋がります。毎日のことで大変ですが、赤ちゃんと触れ合いながら楽しくケアしましょう。