妊娠線予防に無印のホホバオイルが効果あり!?

コスパや使い勝手のよさから無印のボディケアは確かに人気があります。

実際に妊娠線に使う人もいますが、専用オイルというわけではないのでこれだけで本当に大丈夫という保証もありません。あくまでも保湿オイルという認識が正しいでしょう!

無印のホホバオイルは、べたつくことなく、浸透性も高いので大変人気です。コスパも大変よく、50ml714円、100ml1300円、200mlのみ2500円でポンプ式なので使いやすいですね。

このような価格ですので初めての方も購入しやすく、リピートしやすいのが特徴です。

 

無印のホホバオイルの特徴は?

特に変なにおいもしませんし、全身どこにでも使えます。

しかし、保湿オイルとしては優秀なのですが、妊娠線をケアするような成分は入っていません。傷んだコラーゲンを修復する機能などはありませんのでこれだけでは残念ながら不十分と言えます。

そのため乾燥肌の方は先にこのオイルをつけて、その後に専用クリームを塗ることでより良い妊娠線対策ができるでしょう。

 

そもそもホホバオイルって?

では、ホホバオイルは本来どういった目的で使うかというと保湿効果とバリア機能が高いことから乾燥や紫外線、肌荒れ、シミそばかすを防ぐといった効果が見込めます。

顔やボディだけでなく、髪の毛や頭皮にも使えるマルチオイルで髪の毛の補修効果もあるとされています。

妊娠線を修復するほどの作用はないとはいえ、乾燥してカチカチに固まってしまった肌を柔らかくする効果は期待できます。おなかだけではなく、太ももやおしり、胸なども妊娠線のできやすい場所ですので忘れずに塗っておきましょう。

円を描くようにゆっくりマッサージすることでリラックス効果も得られます。妊娠後期になるとより乾燥したり、皮膚が亀裂しやすい時期ですので1日に数回塗らないといけなくなりますね。

 

妊娠線専用クリームとホホバオイルを組み合わせる

pregnancy and skin care. belly of pregnant woman and smile from moisturizing cream for stretch marks

このようにスキンケア(保湿、ニキビケア、美白効果、アンチエイジング効果、角栓除去効果)、ヘアケア(髪の毛の補修、頭皮ケア、抜け毛予防)、マッサージといろんな用途で使える便利なオイルがホホバオイルです。

乾燥肌、敏感肌の方は妊娠線専用クリームと併用して上手に全身ケアしていきましょう。

 

保存方法としては直射日光を避け、冬場に気温が低くなって固まった場合は常温で溶かして使えば問題なく使えます。約1年を目安に使い切ってください。

おすすめの妊娠線クリームはこちら>>

 

妊娠線予防で一番大切なのはこれ!【保湿】

妊娠線予防をしたいとは妊婦なら誰もが考えることであり、跡として残ってしまう可能性が高いからこそできる限りの対策を立てるというのが基本として知られるようになってきました。

妊娠線予防で一番大切になるのは保湿であるということをまず理解することが大切です。妊娠線ができてしまう基本的な理由と、保湿がその対策として有用である理由を知って、万全な対策を行っていけるようになりましょう。

また、保湿に加えて行うと良い対策もあるため、合わせて行っていくと妊娠線予防の効果を高められると期待できます。

胎児の成長を喜んでいける妊娠生活を送っていけるようにするために保湿ケアを中心とした十分な妊娠線予防を行っていきましょう。

 

妊娠線の原因と保湿による予防

妊娠線ができてしまうとずっと跡が残ってしまい、美容を大切にする女性にとっては悲しい事態になってしまいがちです。その対策をする上では妊娠線がどうしてできるのかを知ることが大切です。

妊娠線は皮膚の下にある真皮が引き伸ばされることによって断裂することが原因で生じています。

お腹に妊娠線ができやすいのは胎児が育ってお腹の真皮が引き伸ばされることになるからであり、断裂してしまわないようにするケアが予防につながるのが必然と言えるでしょう。

断裂を防止するために役に立つのが保湿です。皮膚が乾燥すると肌荒れが起こって出血しやすくなってしまうというのは誰もが経験することでしょう。

水分が十分にあるということは肌の柔軟性を保つ上で重要な要素であり、保湿ケアを行って真皮の柔軟性を保っていくことが妊娠線予防につながるのです。

 

真皮を守るための取り組み

真皮の断裂を防いでいくためには保湿ケアが重要になります。

普段からスキンケアで保湿クリームを使用しているという人も、妊娠線対策用のクリームを利用した方が高い効果を期待できるでしょう。真皮を守ることを考えて配合されていることから、他の場所に使うクリームよりも適した成分になっていることが多いからです。

また、保湿ケアの効果を高めるためには真皮自体にも保湿性の成分を十分に供給しておく必要があります。ヒアルロン酸やコラーゲンを摂取する習慣をつけて柔軟性の高い真皮にすることは役に立つ取り組みです。

9d65d481953d5292df87b3442c73e2ca_s_sこれに加えて、脱水症状にならないように水分をとることも欠かせません。つわりが始まると水が臭くて飲めない状況になってしまい、脱水症状になりやすいことは留意しておく必要があります。飲める水分を見つけてしかりと補給するように努めましょう。

妊娠線予防には「クリーム」と「オイル」どっちが良い?(クリーム押しで一番良いのは両方使う)

新しい命を宿し産むということは女性にとってうれしい出来事ではありますが、ただひとつだけ生んだ後に気がかりがありそれが妊娠線というものです。

妊娠線は赤ちゃんをおなかに宿すと赤ちゃんがお腹からずれないように皮膚が前方に大きくなるのですが、その際産まれた後その前に引っ張られていた皮膚が跡になるように線になって現れる状態を指します。

この状態になるのは皮膚のコラーゲンが引っ張られたことによって起きたことで、もちろん時間がたてば元に戻りますがしかし一度引っ張られるとなかなか消えてはくれないのです。

そこで産んだ後の気掛かりである妊娠線予防として行う場合、そのコラーゲンを元に戻すクリームオイルのメリットとデメリットを知っておくことが大事です。

 

妊娠線予防に使われるクリームとオイルのメリットデメリット

妊娠線を予防するためには産んだ後に伸びきってしまったコラーゲンを元に戻すことが大事です。そのためにはコラーゲンの復元に役に立つクリームおよびオイルを使うことが大事になりメリットとデメリットを正確に理解しておくことです。

基本的にクリームのメリットは妊娠線の原因がコラーゲンが伸びきっていることが原因なので、クリームを塗ることによってマッサージをすると伸びきった皮膚の再生が促進されて元に戻る力を戻します

ただその反面クリームはマッサージして延ばさなければならないため、その使い方に慣れていないと皮膚が荒れてしまい皮膚が弱い人には使いづらいというデメリットがあります。

そしてオイルのメリットは通常油のままでの液体なので手で触れるだけで広範囲に使えて皮膚に優しく、さらに高い保湿成分があるので皮膚の弾力を元に戻す力が強いです。

ただしデメリットとしては使うのが油なので酸化が早く使用期限が短いことです。

 

結局のところは両方使うのがベストです。

db286f617d724a292db7b0ac15b6020f_s_s妊娠線予防としてクリームを使うのかそれともオイルを使うのかは議論されますが、先に言ったとおりにクリームにもオイルにも一長一短といった形でメリットそしてデメリットが存在します。

結局のところクリームとオイルどちらを使えばいいかという点においては、基本的に両方同時に使ったほうがいいということになります。

それはオイルの弱点は油で酸化が早いことがデメリットですが使い切れば問題ないので、妊娠線が出来ている範囲すべてに塗るということを毎日繰り返せばいいだけです。

その中でクリームは肌が弱い人には使えないといいましたが、このオイルで皮膚表面を覆っていればこすっても大丈夫なのでマッサージをしても皮膚が荒れることはないのです。

そもそもクリームもオイルも人体にとってよい成分でお互いがけんかすることはないので、どちらかだけを使えばいいというものではなく両方使ったほうがお互いのデメリットを打ち消しあって相乗効果が生まれます

妊娠線はおなか以外にもできる?どこをケアすれば良いの?

妊娠線とは、赤ちゃんの成長とともに急激におなかが大きくなるにあたって、皮膚の表皮は伸びることができるのですが、その下の真皮や皮下組織の一部は急激に伸びることができないため、引っ張られて亀裂が生じることでできる赤紫色の線状斑です。

妊娠によるコルチコステロイドホルモンの影響で皮膚の新陳代謝が悪くなるのも原因の一つであると言われています。妊娠線に痛みはないのですが、一度できると消えません

出産後は色は白くなり一見目立たなくはなりますが、表皮の光沢はそのままで、でこぼこしたまま残るのでしっかり予防していきたいですね。

おなかにできるイメージの強い妊娠線ですが、実はおなか以外にもできる可能性があるんです。

 

誰もがサイズアップする場所!

すべての妊婦さんがサイズアップする場所、それはバストです。赤ちゃんに母乳を与えるために急激に乳腺が発達するバストはおなかの次に妊娠線ができやすい場所なのです。

臨月までに2カップほどサイズアップするバスト、妊娠初期から急激に大きくなっていくので早めのケアが必要になってきます。おなかがまだ出てこないから・・・と油断していると妊娠線ができてしまうかもしれないので要注意ですね。特に出来やすいのは胸の横の部分です。かゆみを感じたら危険信号です。しっかりケアしていきましょう。

母乳育児のためには妊娠中のおっぱいケアが大切なので、それと同時にバストのマッサージを行いながらクリームなどで保湿していくと効果的です。また、産後でも新たに妊娠線ができてしまう可能性があるのがバストです。搾乳などをしつつ、おっぱいが張り過ぎないように注意しましょう。

 

脂肪がつきやすい場所も要注意!

f97d63dd70f202a292a88ebc1020e513_s_s
妊娠すると、ホルモンの影響で皮下脂肪が蓄えやすくなるため、普段は太りにくい人でも体に脂肪がつきやすくなります。

まずは二の腕。特に上半身が太りやすいという人は二の腕に脂肪がつきやすいので要注意です。内側の柔らかい部分は妊娠線ができやすく、また、外側は自分では見えにくいので、注意しましょう。

次に腰からお尻。大きくなったお腹を支えるために、どんな人でも脂肪がつき、がっしりしていく場所です。元々痩せていて脂肪が少ないという人は特に注意が必要です。大きなおなかに腰回りの皮膚が引っ張られるので、亀裂が生じやすくなります。

そして太もも腰からお尻にしっかり脂肪がつく人は、それを支えるために太ももにも脂肪がついてきます。経ったり座ったりと動きが多いので、二の腕よりもできやすいようです。特に内側の柔らかい部分は、妊娠線ができやすいので日頃からチェックしましょう。

最後に膝の裏。皮下脂肪はつきにくいですが、足全体が太くなることによって皮膚が引っ張られ、妊娠線ができやすくなります。自分で見にくい場所なので、家族にチェックしてもらうといいでしょう。

妊娠線予防クリームはボディクリームを代用できる?

妊娠中はホルモンバランスが変化することによって、肌がとても乾燥しやすくなっています。それを放っておくと、産後のお腹にくっきりと妊娠線が出来てしまうこともあるので注意したいところです。

妊娠線予防クリームは、そうした妊娠線を予防することができるだけでなく、ボディクリームとして代用することも可能です。

 

綺麗な身体に戻るためには

妊娠している間は、お腹やお尻が大きくなってしまい、産後身体の至るところで妊娠線が発生してしまうものです。産後の体系の変化は、妊娠を経験した女性なら誰もが向き合わなければならない問題です。妊娠中から出来ることはやっておきたいところでしょう。

そもそも妊娠線が出来てしまうのは、妊娠中の体調の変化に原因があります。妊娠中は肌を乾燥しやすくする黄体ホルモンが優位になってしまうため、体が大きくなって皮下脂肪や肌が急激な伸びに耐えることができずに、肌の表面にひび割れができてしまいます。これが妊娠線であり、しかも厄介なことに、産後も身体にそのまま跡として残ってしまうことがあるのです。

こうした妊娠線を作らないためには、妊娠中から肌のことについて考えておく必要があります。とりわけ葉酸を成分として含んでいる妊娠線予防クリームは、肌の細胞分裂を活発化してくれるため、肌を乾燥から守ってくれる役割を持っています。

葉酸には溶血作用という血流を良くしてくれる効果があり、血流が良くなると代謝が上昇するため、肌の細胞分裂が盛んになって乾燥を防いでくれるというわけです。

 

ボディクリームとしても代用できる

葉酸が含まれている妊娠線予防クリームは、ボディクリームとして使っても問題ありません。問題がないどころか、妊娠線予防クリームの美容効果は、市販されているボディクリームよりよほど性能が高く、むしろ積極的にボディクリームとして使った方が良いと言えるくらいなのです。

31694b7c9d0cb9e8706ee5bb50096433_s_s前述の通り、葉酸には肌の細胞分裂を活発化してくれる効果があります。それは妊娠線の予防だけでなく、全身の肌の乾燥をも防いでくれるので、高い保湿効果を実感することができるのです。肌の細胞分裂がスピードアップすることで、いわゆるターンオーバーと呼ばれる肌の新陳代謝も上昇します。新陳代謝が上がると、肌は古くなった細胞がすぐに落ちるため、常に新しい細胞に生まれ変わることができるようになります。肌は乾燥から守られるので、皺やシミができるのも防ぐことができるというわけです。

葉酸含有の妊娠線予防クリームは、妊娠中にも使えるという肌に優しいクリームなので、妊娠していなくても安全に使うことができます。ボディクリームとして代用することで、常に高い美容効果を実感することができるのです。

妊娠線予防クリームを西松屋で購入すべきではない!?

妊娠線予防クリームには、出来るだけ安い物を使用したいといった思いを持っている人は、多いのではないでしょうか。西松屋などで売っている妊娠線予防クリームは、お手頃な値段なのでついつい購入しそうになってしまいますが、そこには落とし穴があるのですよ。

そこで今回は、それらの理由についてご紹介します。

 

保湿クリームと妊娠線クリームはどう違うの?

保湿クリームは、肌の奥にある水分が逃げてしまわないようにするためのクリームです。この保湿クリームは妊娠線を予防する効果が期待出来ないため、妊娠線予防として利用する事はおすすめしていません。

特に妊娠中は肌にしっかりと栄養が行きわたらない事が多く、肌のバリア機能が弱っている可能性があります。そんな状態の肌に、保湿クリームだけでケアをしても、妊娠線を予防する事は出来ないのです。

一方の妊娠線クリームには、肌に栄養を補給するための美容成分や肌を活性化させるような成分がたくさん配合されているのです。他にも保湿クリームよりも保湿をする効果が高く、肌の奥にある真皮まで守る事が出来るのです。

妊娠線が出来てしまう元となる部分は、表皮ではなく肌の奥にある真皮なのです。その真皮が裂けてしまうと、その表面にある表皮も同時に裂けてしまう事になり、それが妊娠線となるのです。そういった状態になるのを避けるためには、肌にしっかりと栄養を与えてあげ、しっかりと保湿をして、肌の細胞と細胞をしっかりと結びつけてあげる事がとても重要になってくるのです。

 

西松屋の妊娠線予防クリームについて

妊娠線予防クリームには、安価な物から高価な物までたくさんの種類があります。妊娠中には生まれてくる赤ちゃんにたくさんの準備をするので多くの費用がかかってきます。そのため妊娠線予防クリームの費用は、安く抑えたいものですよね。

07c19e95da47a859f5583d0bbb5a12b5_s_s

そこでついつい手が伸びてしまうのが、西松屋などで販売されているお手頃な価格の妊娠線予防クリームなのです。確かに妊娠線を予防するための専用のクリームなのですが、配合されている成分をしっかりと確認するようにしてみてください。

実は西松屋などで販売されている妊娠線予防クリームには、肌の表皮の保湿を行う成分はたっぷりと含まれていますが、肌の奥を守る成分はあまり配合されていないのです。そのため実際には、妊娠線を予防するために必要な成分がほとんど配合されていないという事で、妊娠線を予防する効果はあまり高くないという事が出来るのです。

内容の成分だけで見ると、一般に販売されている保湿専用のクリームとあまり変わらないのです。こういった事のないように、妊娠線予防クリームを購入する前には、必ず配合されている成分を確認するようにしましょう。

妊娠線予防クリームは西松屋で十分!?

妊娠線予防クリームは、様々な場所で購入することができますが、西松屋等にも販売しています。

西松屋のクリームは確かに安いですが、効果を期待することができるかどうかは人によって変わってきます。ですから、購入時によく注意しなければなりません。

 

西松屋のクリームは効果を期待できるの?

西松屋では、ベビー用品を非常に多く取り扱っているのですが、その中でも妊娠線を予防することができるクリームが注目されています。

西松屋は、全体的に価格設定が低めであり、出産をした人にとってはかなり便利になってきます。出産で費用が掛かってしまいますから、安いだけで安心することができますよね。しかし、妊娠線を予防するクリームに関しては使用するときによく注意しなければなりません。

妊娠線を確実に予防するためには、ケアすることが重要になってきますが、西松屋の妊娠線を予防するクリームは、あまり効果を期待できないという声もあります。安さゆえの効果ですから、仕方のないことですが人によってはかなり効き目があります

妊娠線を予防できるクリームは、体に合っていない状態で使用すれば当然肌荒れの原因にもなってしまいますし、場合によっては症状を悪化させてしまうことも考えられるのです。ですから、使用するときはまず小さいサイズのものを購入してみて、パッチテストを行ってみると良いでしょう。異常がなければ使用してみると良いですね。

 

安いクリームは実際どうなの?

 

f29c65d75eae872db48cf281896ea587_s_s

妊娠線を予防することができるクリームは非常に多く存在しますが、出産などで費用が掛かってしまっている場合は、安く済ませたいというのが本音ですよね。しかし、安すぎてしまうと返って不安になってしまいますし、実際に効果ができないということも十分ありえます。

西松屋の予防クリームに関しては、市販のクリームに比べるとかなり安く取り扱っています。普通の保湿クリームとあまり変わらないような感じですが、実際はあまり質が良くないのです。だからといって、予防できないというわけではありません。

予防クリームは、個人差がありますし西松屋のクリームでも当然効果を期待できることもあるわけです。ですが、他のクリームを使用したほうがより効果を期待できますし、場合によったら妊娠線をなくすこともできるわけです。

つまり、自分にあったクリームを探すことが一番重要になってきます。なかなか見つけることができないという場合には、クチコミや評価などを見てみると良いでしょう。様々なクリームが出てきますし、自分にあったものを見つけることができますよ。

妊娠線クリームって芸能人も使ってる?

芸能人ママも手放せない妊娠線クリームはなぜ必要なのでしょうか。その理由と自分にあった妊娠線予防クリームの選び方のポイントを解説していきます。妊娠線クリームを正しく知り楽しく妊娠中の体のケアに取り組みましょう。

 

芸能人ママも手放せないのはなぜ?妊娠線クリームが必要な訳

妊婦さんにとって妊娠中手放せないアイテムというと葉酸サプリや腹巻など様々ありますが妊娠線予防クリームも大事な一つになっています。とりわけ体のケアに熱心な芸能人ママにとっても必須のものとなっているのです。

赤ちゃんの成長に合わせ大きくなるお腹ですが、急激に成長するお腹に皮膚がついていけず真皮がさけてできる断裂跡のことを妊娠線と言います。赤紫の線が浮かび上がったようにでき妊婦さんの二人に一人はできると言われていて、中にはお腹中に広がっている妊婦さんもいます。

いつかは治るだろうと簡単に考えている人もいますが完全に元通りになることはないと言われており、妊娠線を作らないための早めの手入れが必要と言えるでしょう。

特に乾燥は妊娠線をできやすくする要因でもあるのでクリームなどで保湿ケアをすることが妊娠線予防につながります。しっかりと肌に柔軟性を持たせるようにすることで妊娠線が出来なかったというママさんも多いのです。

のちのちできてしまった妊娠線に後悔しないようにクリームなどを使って早めの対策をすることが重要ですね。

 

必見!!自分に合った妊娠線予防クリームの選び方

妊娠線予防のためには「しっかりと保湿」「肌に柔軟性を持たせる」ことが重要ですがそのために自分に合ったクリームの選び方とはどういうものなのでしょうか。中には芸能人やモデルご用達のクリームだからと選ぶ人もいますができるだけ自分に合うか確認したうえで購入する方がいいですよね。

まずなんといっても肌に優しく低刺激なのが大事です。妊娠中は肌が弱くなっている人も多いのでひりひりするなど刺激が強いものは避けましょう。また妊娠中は香りにも敏感になり特定のものを受け付けなくなることもあるので注意して選びたいですね。

4773902915aa533845c609e9756d8cc9_s_sさらには長時間保湿状態を保てる保湿力の高いものがおすすめです。せっかくぬっても乾燥を防げないのでは意味がないですからね。

毎日欠かさずたっぷり使ってお手入れできるように自分にとって手ごろな金額のクリームだとなおいいですよね。高額なものだともったいなくてたっぷり使えないということになりかねません。妊娠中に数本リピートすることも考えられるのでお手頃でコストパフォーマンスのいいクリームだと安心して使えるでしょう。

妊娠線予防するならベビーオイルと妊娠線クリームどっち?

妊娠線の原因の1つとして、お腹の膨らみに皮膚が追い付けずに真皮などが裂けてします事が挙げられます。この皮膚下の真皮などが裂ける原因は、裂けてしまう部位の乾燥や柔軟性が足りないために起こります。

柔軟性を補助し潤いを保つために、妊娠線予防クリームベビーオイルなどの保湿剤を肌の状態を見ながら使用します。

 

妊娠線が出来てしまう原因とは

妊娠線が出来てしまう主な原因には、胎児の成長によってお腹の皮膚が追い付かなくなってしまう事で起きてしまいます。皮膚の下にある真皮などが裂けてしまうと元の状態に戻る可能性は少なく見た目にも良いものではないため、皮膚の柔軟性を補助する形で保湿クリームやオイルを使って皮膚が裂けてしまうのを防ぐ必要があります

妊娠線の初期症状としては、皮膚下の真皮などの裂けめ部分は赤い線状となって現れるため、見た目で初期と判断する事が可能です。人によっては痒み軽い痛みを感じる場合もありますが、何も感じずに気づいたら妊娠線が出来ていたという人もいます。

基本的な妊娠線初期に対する簡単な処置としては、なるべく皮膚の感想を避けるために保湿剤を使用します。ただし、妊娠線を出さないためにも予防クリームオイルは使用するようにしましょう。

妊娠線予防クリームやオイルそれぞれに専用の物がありますが、クリームかオイルのどちらを選ぶべきか悩む方もいるのではないでしょうか。基本的には、肌の状態によってクリームとオイルを使い分ける方が良いため、両方とも揃えておくと良いでしょう。

 

妊娠線予防クリームとベビーオイルの使い分けについて

妊娠線予防クリームやベビーオイルを使用する場合にどちらの方が妊娠線を出にくくするのか考えてしまいがちですが、基本的には妊娠線予防専用の保湿クリームを使用します。

補助として保湿が足りないようであればベビーオイルなどの保湿が高い物を併用し調節する事が必要になります。また、腹部に使用する物なので使用する前には必ずパッチテストは怠らないように注意します。

a7a9b42b0d1f3053235242d4aed43024_s_s

肌の状態を毎日確認しながら、感想度合いを見てベビーオイルにするべきか専用のクリームにするべきか選びます。必要によっては両方を使用する事もありますが、べたつきによって肌が荒れてしまう事もあるため、なるべく皮膚に塗った後は軽くタオルやティッシュペーパーを軽く押し当てるようにして拭き取るようにしましょう。

妊娠線予防専用クリームの場合では、特に葉酸が含まれたクリームを使用する事で、専用外のクリームよりも肌をより柔らかくし柔軟性を保つようになります。

葉酸が含まれたクリームを使用する場合には、なるべく合成葉酸の物を選ぶようにしましょう。その理由とは、天然成分の場合だと肌の浸透が少なくなってしまう可能性があるからです。

妊娠線を消すには病院に行かなければダメ!?

出産を経験した女性にとって、妊娠線が出来てしまうのは嫌なものです。消すにしても、病院で高い治療費を支払うのには気が引けるものですよね。病院や美容外科に行かずに、妊娠線を消すための方法がないものでしょうか。

 

どうして妊娠線が出来てしまうのか

妊娠をすると、体もお腹も格段に大きくなってしまうものです。子供ができる喜びを感じられる一方で、美容のことを考えると少し気が滅入ることもありますよね。産後太り妊娠線のことなど、妊娠中から気になってしまうものです。

身体が赤ちゃんを産むための準備をするために太ってしまうのは仕方のないことですが、妊娠線というのはこうした妊娠中の身体の外面的な変化ばかりが原因となっているわけではありません。

そもそも妊娠線が出来てしまう主な原因は、ホルモンバランスにあります。妊娠に限らず、女性の身体は特に排卵日から生理の間にホルモンのバランスが変化することで、とても乾燥しやすくなってしまいます。妊娠中は常にそうした状態が続いてしまいますから、特に肌が乾燥しやすく、その結果皮膚のターンオーバーが落ちてしまうのです。すると、肌再生や分裂がうまくできなくなって、それが妊娠性の原因を形成してしまうわけです。

妊娠線が一度できてしまうと、これを解消するのは容易ではありません。病院やクリニックに通うことで、妊娠線を落とすことはできますが、やはりそれには費用がかかりますし、レーザー治療をすることもあるので少し抵抗があるという人も多いでしょう。妊娠線を直したいけど病院には通いたくない、そんな時に役に立つのが葉酸なのです。

 

葉酸サプリの肌荒れ効果が妊娠線にも効く

39f330035f695d5abc0a672f15a98a22_s_s厚生労働省でも妊娠中に葉酸を摂取することが奨励されていますが、妊娠後の身体の変化にも葉酸が有効だということがわかっています。とりわけ葉酸には肌荒れを改善する効果がありますが、そうした効果が妊娠線にも力を発揮してくれるのです。

葉酸には造血作用というのがあって、要するに血流を良くしてくれる効果があります。血流が良くなると、代謝が良くなって、肌の細胞分裂もより盛んになります。肌の細胞分裂が活発になると、要するに肌のターンオーバーも向上し、それが妊娠線の解消に一役買ってくれるというわけです。

妊娠線の解消のためには、肌の細胞分裂と同時に、肌の柔軟性も取り戻さなければなりません。葉酸を効果的に摂取することで、細胞分裂柔軟性の両方を手に入れることができ、妊娠線解消の効果を実感することができます。

妊娠線を消すための葉酸にはクリームタイプのものもありますが、厚生労働省が推奨している通り、葉酸サプリとして飲むことで摂取しやすく、また効果も実感しやすくなります。妊娠線の解消だけでなく、葉酸サプリは産後の体調変化にも効果的です。