そもそも妊娠線の原因って?

妊娠すると嬉しい反面、不安な気持ちになる事も多くなります。

その不安要因の一つとして、多くの新婦さんが感じている事は妊娠線です。それには個人差はあるのですが、妊娠線はお腹以外にも腕や太ももや胸などにも出来る事があります。

しかし一度出来てしまうとそれを消す事は難しい上に、赤紫色をしていてとても目立つため、妊娠前に来ていた水着なども着れなくなってしまう可能性が高くなります。

そのような事になってしまわないためにも妊娠線が出来る原因を十分に理解して、妊娠中はしっかりと妊娠線ケアを行う事がとても重要なポイントになってきます。

そこで今回は、その妊娠線が出来てしまう原因について詳しくご紹介させていただきます。

 

妊娠線が出来る原因は?

妊娠線が出来るのには個人差があり、中には太ももや腕や胸に出来る人もいます。また網目にようになったり、筋状になったりして出来方は人それぞれです。

この妊娠線が出来てしまう主な原因は、妊娠で急激にお腹が大きくなり、皮膚が急激に伸ばされてしまう事にあります。私達の皮膚は表皮と真皮と皮下組織の三層に分かれているのですが、妊娠してお腹が大きくなる際に表皮が伸びやすくなってきます。

しかし真皮や皮下組織の一部には弾力性が無いため、急激に伸びてしまう事に対応出来なくなるのです。
さらに皮下脂肪も弾力性がないため、真皮や皮下組織は伸縮する力が限界を超えてしまう事になるのです。

しかしその状況であっても、お腹は大きくなり続けていくため、皮膚は引っ張られ最終的に亀裂が入ってしまう事になるのです。そして皮膚の上に赤紫の線状の班が現れてしまう事になるのです。

c134197882649866167da216cae04ee5_s_s

妊娠線が出来てしまうのはホルモンバランスも影響?

妊娠線が出来るのには、ホルモンのバランスも大きく関係してきます。妊娠するとホルモンのバランスが崩れやすくなり、コルチコステロイドホルモンがたくさん分泌されるようになるのです。

この影響を受けるとコラーゲン生成が抑制されたり、肌のターンオーバーの働きが抑制される事になるため、妊娠前の状態よりも肌の代謝が悪い状態になるのです。そのため妊娠すると、肌には弾力性がなくなり、ダメージに弱い状態になるのです。

その状態はとてもデリケートな状態であるため、妊娠線が最も出来やすい状態と言えます。特に、脂肪がつきやすいお腹に妊娠線は現れやすくなっているのです。

それらの妊娠線は、基本的にはお腹の大きくなり始める妊娠6か月頃から現れ始めます。さらには下腹部あたりから妊娠線が現れ始める人も多いようなので、見落としてしまう可能性が高くなります。

双子ちゃん・三つ子ちゃんでも妊娠線を作らない方法ってある?

双子ちゃんや三つ子ちゃんとなると、一度にたくさんの子どもが授かれて嬉しいという気持ちに溢れる両親も多いものです。

しかし、それと同時に不安が募ってくるのも事実であり、両親ともに頭を抱えがちなのが子育てにかかる費用でしょう。ところが、それに加えて妊婦となっている女性にとっては妊娠線ができてしまうリスクが高いという事実に直面して悩ましい状況になってしまいがちです。

一人であってもできてしまうことが知られている妊娠線であるのに、双子ちゃんや三つ子ちゃんといった多胎出産ともなると不安が多くなってしまうでしょう。

そういった状況になってしまっても妊娠線を作らない方法はあるのでしょうか。妊娠線の原因と共に理解をしておきましょう。

 

妊娠線の原因と多胎出産のリスク

妊娠をしてお腹が大きくなってくるとできてしまいやすいのが妊娠線であり、ずっと残ってしまう傷跡になってしまう場合もあることから対策を立てておきたいと考える女性がほとんどでしょう。

その原因となっているのは皮膚の下に広がっている真皮と呼ばれる組織が引き伸ばされた結果として断裂してしまうというものです。

お腹が大きくなるとそれだけ肌が引き伸ばされることになるため、それに真皮の柔軟性が対応しきれなくなるとちぎれてしまって傷跡になってしまいます。これが妊娠線です。

多胎出産となると必然的にお腹が大きくなりやすくなり、妊娠線ができやすくなってしまいます。しかし、双子ちゃんでも三つ子ちゃんでも元気に生むためにはお腹を大きくしてあげなければならないのも事実であり、予防のために万全の対策をしていくことが欠かせないのです。

 

多胎出産のときの対策方法

06223951f46885e849829b8264774b5c_s_s双子ちゃんでも三つ子ちゃんでも皆を元気に生みながら、自分にも妊娠線を残さないためには十分な対策を行っていくことが需要です。

体重が急激に増えてしまわないように運動をしていくことが基本となり、自分由来の体重を少し減らしながらバランスをとっていくことが欠かせません。

また、皮膚の状態を良好に保つことは重要な視点になります。食事としてタンパク質やビタミンC、鉄分や葉酸に豊富なものを心がけるようにして身体を作りやすい状態にしていくことが対策の基本です。

それに加えて重要になるのが外側からの皮膚のケアであり、保湿性を高めてできるだけ真皮の柔軟さを保っていくことは忘れないようにしましょう。

妊娠線クリームを毎日欠かさず使用することで大きな寄与を期待できます。また、負担を軽減するためにサポーターをつけておくことも大切です。

妊娠線の原因を教えて!

妊娠線は何が原因で出来るのでしょう?妊娠線ケアするためには、妊娠線ができる原因についてしっかり抑えておく必要があります。

 

真皮や皮下組織が裂けるのが妊娠線

妊娠線ができるのは、お腹が大きくなり、皮膚が伸びることによって「真皮」と呼ばれる内側の皮膚に亀裂ができることが原因です。私たちの皮膚は、「表皮」、「真皮」、「皮下組織」と呼ばれる3層構造になっています。

表皮とは、私たちが日常的に「皮膚」とか「お肌」とか呼んでいる目に見える部分です。この表皮は結構伸びるものだそうで、少しくらいサイズアップしても裂けてしまうことはありません。表皮の下には「真皮」と呼ばれる表皮を支えるコラーゲン線維で出来た皮膚が存在します。目には見えませんが、肌の弾力や潤いを左右するのも真皮がしっかりしているかどうかにかかっていて、真皮の状態はすぐに表面の表皮に現れてきます。皮下組織は、そのほとんどが皮下脂肪で作られていて、動脈や静脈の通り道になっています。血液によって酸素や栄養を真皮に届け、真皮から出される老廃物を回収して捨てに行く役目を担っている部分です。

1eb40c3c662b452f24a70dfb322dc2b0_s_s


真皮や皮下組織は、表皮に比べて伸びる力が少なく
、サイズアップすることで伸びようとはしますが限界があります。この限界をこえたらどうなるか。その時は裂けてしまうのです。裂けてしまうとどうなるのか、ということが気になりますが、とくに大きな痛みはありません。痛みが無いので気づきにくいと言われますが、私の場合は痒みが初期症状だったのではないかと思います。

病院に行って看護師さんに、大きくなったお腹が痒いと相談したところ、乾燥しているようにも見えないから、きっと妊娠線ができ始めているのでは?と言われたことがあります。結果として私には妊娠線ができなかったのですが、つわりが治まった頃から早めにしっかりと妊娠線クリームでケアをしていたからだと思います。

 

真皮を潤いで満たすことで妊娠線ケア

真皮が裂けた直後の状態は、肌の表面に赤紫色のスイカのような模様となって現れます。やがて赤みは落ち着いてきて、最終的には白いライン上の傷跡となって残ってしまいます。コラーゲンの支えを失った妊娠線部分の表皮は、細かいシワの集合体のような状態になってしまうのでとても目立ちます。

真皮が裂けるのを防ぐための手段はただ一つ。真皮に柔軟性を持たせて、サイズアップにも耐えられるようにしてあげることだけです。「柔軟性を持たせる」とは、真皮を潤いで満たしてあげるということです。

妊娠線予防を目的とした妊娠線クリームには、肌の表面だけでなく真皮にまで届く保湿成分がたくさん含まれています。また、妊娠中の敏感な肌にも安全性の高い成分で作られていますので、安心して使い続けることができますので、早めのケアで真皮を柔らかくして、お腹が大きくなるのに備えておきましょう。

臨月に妊娠線ができる妊婦さんがなぜか多い理由とは?

妊娠線のできる時期は人によって違いますが、「臨月に入って妊娠線を発見した!」という方が多いようですね。なぜ、臨月になって、出産まであともう少しというところで妊娠線ができてしまうのでしょうか。

 

臨月の体重増加が危険!

妊娠線ができるのは、お腹の皮が引っ張られることによるものです。もっと詳しく言えば、表面の皮膚はちゃんと伸びてくれるけど、内側の真皮という皮膚は伸びきれなくて裂けてしまうためです。裂けた真皮もちゃんと元には戻ります。でも、元に戻るときにそれまでのように綺麗な状態には戻れなくて、裂けた部分が厚くなりやけどの跡のような状態になってしまいます。真皮が裂けるとき、裂け方は縦の方向です。なので、傷跡である妊娠線もスイカの模様のように縦方向にできてしまうのです。

187c646a338049f2f786f82beaa41762_s_s臨月に入ると、急に体重が増えます。体重が増えるのは、私たち自身の体も、赤ちゃんの体も、です。赤ちゃんの体が急に大きくなる時期ですから、お腹もぐんとせり出してくる時期でもあります。せり出したお腹の皮膚は急に引っ張られる状態になり、真皮がその力に耐えられなくて裂けてしまうのです。妊娠線はお腹が大きくなる妊娠7ヶ月ごろから現れるといわれていますが、臨月まで妊娠線が出ていなかったラッキーな妊婦さんも、臨月になったら妊娠線がビッシリ!ということも多いそうですので、最後まで油断ができませんね。臨月に入ると、私もお腹がさらに大きくなるのを感じました。臨月の後半はだんだんと赤ちゃんが下がってくるのか、おへその下辺りが前に出てきたなとも感じていました。この時が妊娠線のできやすい時期なんですよね。

 

真皮を柔らかくするためのマッサージ

妊娠線を予防するには、真皮を柔らかくしてあげる必要があります。潤いの成分を届けてあげれば、伸びる力に柔軟に対応できる状態を保つことができるのです。そのためには妊娠線クリームでマッサージを続ける必要があります。私は毎日お風呂上りにマッサージを行っていました。毎日マッサージをする習慣がなかったので、時々忘れてしまうこともありましたが、なんとか出産までマッサージを続けることができて、妊娠線はひとつもできませんでした。

妊娠線の予防に使うクリームは妊娠線予防のために作られた専用のクリームがいいですよ。一般の保湿クリームにも十分な保湿効果は期待できるのですが、真皮にまで潤い成分が浸透する力が強いのは専用のクリームです。妊娠中の肌は敏感肌に傾きがちです。専用のクリームなら妊婦さんのお肌の状態を考慮して作られていますから、安心して使うことができますよ。

そもそも妊娠線ってどういうメカニズムでできちゃうの?

妊娠するという嬉しい出来事の反面、妊婦さんを悩ませてしまう妊娠線。できることならそんな心配をせずに、ストレスフリーで楽な妊婦生活を送りたいものですが、体の仕組みがそれを許してはくれないようです。そもそも、妊娠線がどうしてできるのか、その仕組みをご説明しておきますね。

 

真皮と皮下組織の断裂が妊娠線

私たちの皮膚は、表皮と呼ばれる皮膚で覆われています。目で見ることのできる皮膚は表皮だけですが、実はその下にも皮膚が層になっています。表皮のすぐ下の層を真皮といい、汗腺や皮脂腺、体毛の生える部分である毛乳頭が存在します。さらに真皮の下には「皮下組織」と呼ばれる細胞組織があります。

この3つの層からなる皮膚ですが、この中で最も伸びるのは「表皮」です。関節の皮膚は良く伸びますね。手の甲の皮膚もつまめば結構伸びます。しかし、その下の真皮と皮下組織は伸びることになれていません。伸びやすい表皮とは構造が少し違うんですね。

妊娠によってお腹が大きくなってくると、表皮はちゃんとその大きさに合わせて伸びますが、その下の真皮と皮下組織は頑張って伸びようとしますが、限界を超えると裂けてしまいます。裂けた真皮と皮下組織は、赤紫のラインとなって目に見えて分かるような跡になります。妊娠線の中で、鮮やかな色をしているものは新しい傷跡、黒味を帯びた暗い赤紫は古い傷跡です。そして時間がたつにつれ、表皮にも細かいシワが出てきますが、残念ながら完全に消えることはありません。

真皮と皮下組織の断裂は、バストや太ももなど、急激にサイズが変わる場所ならどこにでも起こる可能性がありますので、お腹だけに注意を向けるのではなく、クリームでケアするならば、体全体のケアをするつもりで気をつけていかなくてはいけません。
a5ec3a7ff19804142b5b7a9250163821_s_s

 

できてしまった妊娠線もしっかりケア

出来てしまった妊娠線を消す方法は、今のところレーザーによる治療しかありません。これも完全に除去することができるのではなく、ほとんど目立たなくするというレベルまでです。なので、しっかりとクリームで予防して「妊娠線があらわれない」状態を作ってあげることが一番の方法です。

専用のクリームなら、真皮や皮下組織に届く成分がたくさん含まれているので、皮膚の奥までしっかりと潤いを届けることで、柔軟な皮膚を作ることができます。もともと痩せ型で皮膚が伸びていない方は、特に妊娠線ができやすいといわれていますので、早めのケアが大切です。

肌が乾燥しやすい人も同じで、妊娠する前よりももっともっと丁寧にケアをして、肌に潤いを満たしてあげることが妊娠線予防につながると思います。

経産婦の約80%に妊娠線ができるって本当!?

経産婦には妊娠線が出来やすいと言われています。
あるデータによると、初産婦で妊娠線が出来た人の割合は20%~30%だったのに対して、経産婦では約70%~80%の人に妊娠線が出来てしまったとのことです。
どうして経産婦には妊娠線が出来やすいのでしょうか。

 

経産婦はお腹の大きくなるスピードが早い

まず挙げられる理由として、経産婦の子宮は、以前に大きくなった時のことを覚えているということがあげられます。
1人目の時に一度大きくなっていますので、次の妊娠では子宮が簡単に大きくなるのです。

初めての風船はなかなか膨らまず、膨らますのに力が必要ですが、いちど膨らませた風船はその後楽に膨らますことができますよね。それと一緒で、いちど膨らんだことのある子宮は簡単に膨らみます。初産婦に比べて経産婦のほうがお腹が大きくなるスピードが速いということもそれが原因です。おなかが簡単に大きくなることで、妊娠線も出来やすくなります。

また、1回目の妊娠に比べて2回目、3回目~の妊娠の方が自分自身の年齢が上がっているということがあげられます。
若い方が皮膚が柔らかくて伸びも良いので、お腹が大きくなるスピードに皮膚がついていけるのです。
加齢によって皮膚も伸びなくなります。お腹が大きくなるとその分妊娠線が出来やすくなります。

 

妊娠線ケアする暇がない!

18ab21d18272b7fd5a94cbffb944b378_s_s最後に、経産婦はどうしても上の子のお世話に忙しく、自分自身のお腹をゆっくりケアしている暇がないということも理由の1つです。

1人目の時は自分自身の時間がたっぷりあり、ゆっくりと妊娠線予防クリームをおなかに塗ってマッサージすることができたと思います。ところが、2人目、3人目ともなると、小さなお兄ちゃんやお姉ちゃんに時間を取られて、自分のことは後回しにしがちです。妊娠線予防ケアをゆっくりしている時間がとれないという方も多いでしょう。しかし、妊娠線は自分でしっかりクリームを塗るなどのケアも大切なのです。

初産婦では妊娠線が出来なかったからといって油断していてはいけません。
初産では妊娠線ができなかったけれど、2人目で妊娠線が出来てしまった…という方も多くいらっしゃいます。
逆に初産で妊娠線が出来てしまったけれど、クリーム等でしっかり妊娠線ケアをしていたために2人目の時は妊娠線が出来なかった、という方もいらっしゃいます。

お腹が大きくなるスピードや年齢などはどうしようもないですが、妊娠線の予防ケアはいつでもできるので、是非経産婦の方でも妊娠線予防ケアを頑張ってもらいたいですね。

妊婦さんの約50~60%に妊娠線ができる!?

妊娠線は、大きくはっきり出来てしまう人もいれば、全然できなかったという人もいます。
本当に人それぞれです。いったい妊婦さんのどのくらいの方に妊娠線はできてしまうのでしょうか。

 

妊娠線ができる確率は高い?

あるデータによると、第一子の妊婦さんでは全体の約20%から30%で妊娠線ができたということです。また、第二子以降の妊婦さんでは、全体の約70%~80%で妊娠線ができたというデータがあります。全体としては1回の妊娠において、妊婦さんの約50%から60%に妊娠線ができると考えて良さそうです。

ちなみに双子や三つ子ちゃんを妊娠した場合、ほとんど妊娠線ができてしまうようです。
双子や三つ子の妊娠では、1人の時に比べてお腹の大きさが明らかに違いますから、妊娠線ができてしまうのはある程度仕方がないことかもしれません。

約50%から60%に妊娠線ができてしまうという数字、高いと思われますか?低いと思われますか?実は私の周りでは私を含めて妊娠線が出来てしまった人がほとんどであったため、私の実感としては妊娠線が出来る人はもう少し多いのではないかと思っていました。意外と低いな、と感じました。

 

初産婦さんの方が妊娠線はできにくい!?

初めての赤ちゃんを妊娠されている妊婦さんに妊娠線のできる確率が低いのは、年齢的にお肌が若く、皮膚がよく伸びるためだと考えられます。
また、初産婦さんは経産婦さんに比べて妊娠線予防のケアをしっかりと行っているためということも考えられています。

8b0fa4d239b88e0100e80992aa16584f_s_s初めての妊婦さんは時間的余裕もあり、妊娠線予防クリームをしっかり塗ってケアするのですよね。ところが二人目以降になると、今いる子供のお世話に追われて妊娠線予防ケアをしている時間がないのです。

私も1人目の時はせっせとクリームをお腹に塗っていましたが、2人目、3人目の時はクリームの存在すら忘れていました…。そして、1人目の時は大丈夫でしたが、2人目の時には妊娠線が出来てしまいました…。二人目以降の妊婦さんもしっかり妊娠線予防のケアを行えば、もしかしたら妊娠線ができる確率は下がるのかもしれません。

また、妊婦さんの約5割から6割に妊娠線が出来るといっても、お腹全体に大きく妊娠線が出来てしまう人もいれば、ちょこっと小さく1本だけなどといった人もいます。
つまり、妊娠線のでき方については人それぞれなのです。妊娠線予防クリームでしっかりケアしていても妊娠線が出来る方もいますが、クリームを塗ることで妊娠線の出来方が最小限に抑えられている可能性もありますね。

妊娠線ができる原因は?

妊娠線を作らせないためには、妊娠線ができる原因を知っておくことが大切です。

妊娠線は、どうしてできてしまうのでしょうか?

お腹の中の赤ちゃんが大きいと、妊娠線が出来やすいと思っている人も多いようです。しかし、赤ちゃんが大きくても、妊娠線ができない人もたくさんいます。

妊娠線は、冷えや乾燥が原因で皮膚が伸び切れずに割れてしまう現象です。妊娠線を作らせないためには、お腹を温めて十分すぎるほど保湿をしてあげることです。

そうすることで、柔らかく伸びやすいお腹になり、大きくなるお腹に皮膚がついていくことができるので、割ることはなくなるということです。

妊娠線の原因を知ることは大切♪

妊娠線の原因を知っておくことで、今後のお手入れをしっかりと取り組んでいくことが出来ると思います。お腹をしっかりと守っていても、冷えや乾燥はどんどん進んでしまいます。服を着ているから乾燥しないとは限らないのです。

妊娠後期に入ると、赤ちゃんの成長も早くなるので、頻繁に保湿してクリームを塗るようにしていき、乾燥から守っていきましょう。

妊娠線が出るタイミングは人それぞれ異なります。単にお手入れをするのではなく、原因をきちんと理解してケアする方が、念入りさが大きく変わってきます。

思っている以上に乾燥するものなので、抜かりなくお手入れをしていきましょう。