妊娠線ケアは毎日しないといけないの?

妊娠しているということがわかったときには妊娠線ケアを行って痕を残してしまわないようにしたいというのは女性なら誰もが思うことでしょう。

しかし、妊娠中に胎児のことだけでなく自分のことにも気を払っていかなければならないのは大変なことであり、毎日行っていけるのかが不安になる人もいるはずです。

どのようなケアを行わなければならないのかということを知ると共に、毎日行う必要があるのかどうかを理解しておくことは重要になるでしょう。

いつできるかわからないものだからこそ妊娠中は継続的に行うことが大切になりますが、いつから始めるかという視点も持って考えていくようにするとより良い妊娠線ケアを行っていくことができるはずです。

 

毎日行うべき妊娠線ケア

妊娠線の対策のためには周到に準備をしていくことが重要になります。

胎児はお腹の中ですくすくと育っていってしまうため、必然的に妊娠線ができてしまうと言うこともできるでしょう。
いつ何の拍子でできてしまうかわからないからこそ、毎日行っていくことが基本になると理解しておくことが大切です。

特に体重管理スキンケアは妊娠線ケアの中でも欠かせないものです。

bd7944bf815ed942b5f2939142781eea_s_s

体重管理は毎日体重を測り、体重が大きく増えてきた感じがあったら食事を減らしたり、運動を増やしたりするだけで良いため、対策自体は毎日でなくても構いません。

一方、スキンケアは毎日行っていないと十分な対策にはならないでしょう。
妊娠線クリームを用いて保湿を行っていくのが基本ですが、怠った日に妊娠線ができてしまうリスクがあるため、毎日欠かさず行うことが重要になります。

 

予防を始める時期の考え方

毎日妊娠線予防をしていかなければならないとなるといつから始めるかということが大きな問題となります。

始める時期として目安になるのが妊娠四ヶ月であり、このころから妊娠線ができてきてしまう人がいるというのがその根拠です。

できるだけ遅くしたいと考えたら、自分ができやすい体質かどうかを考えることも重要になるでしょう。

体型を考えることが最も重要であり、痩せ過ぎや太り過ぎは妊娠線のリスクを高める要因です。

また、まだ若いうちであるほど妊娠線ができにくいと言われているため、自分の若さとも相談して始めるタイミングを見計らうのが良い方法になります。

そして重要になるのが胎児の発育の状況であり、よく育っているときには早めに、成長が遅れているときには遅めにすることが基本です。予め妊娠線クリームは準備しておいて必要を感じたらすぐに始めるのが良い考えです。

妊娠線ケアの種類にはどんなものがあるの?

妊娠線ケアの種類は主に三種類あります!
オイル・クリーム・ローションです。

そもそも、妊娠線とは何故できるかご存知でしょうか?
皮膚は三層にわかれていて、妊娠で急激にお腹が大きくなることから伸びやすい層と伸びにくい層が断裂することによって、できてしまいます。

また、妊娠線ができる場所や数は人によって違うみたいです。
一度できてしまうとことがないと言われているので、ぜひ予防しておきたいですね!

妊娠線は保湿をして弾力を保つことで防ぐことができます。
ただ、妊娠線ケアの種類は、高い物から安い物、先程あげたオイルやクリーム、ローションなどがあり、どれを選んでいいのか迷うと思います。

妊娠線ケアを選ぶ参考になるよう、それぞれご紹介していきますね!

 

ローション・クリーム・オイルの選び方は?

ローション、クリーム、オイルの特徴からご紹介していきます!

まず、ローションは他のクリームやオイルに比べると保湿効果の高さは低いです。
ただ、皮膚は上から表皮・真皮・皮下組織と三層に分かれています。
表皮は私達が触れることのできる、一番上の皮膚ですね。真皮からは基本的に触れることができないのですが、ローションは真皮・皮下組織まで保湿液を浸透させてくれます!
なので、肌が乾燥しがちな方にオススメです。

クリームは保湿効果も真皮・皮下組織への浸透率も、ローションとオイルの中間となっています。
普通肌の方や、ローション・オイルを使い分ける方は基本的にはクリームの使用をオススメします。

オイルは保湿効果が抜群です!
なので、先にローションやクリームを塗ってからの+αで使うのがオススメです。
オイルや、クリームには匂いのあるものも多いので、匂いに敏感な方は無香料を選ぶのがいいと思います。

 

ケア用品を使うコツとは?

次に、ケア用品を有効的に使うコツを紹介していきます!

妊娠線ケアは血行が良く、肌全体に水分が行き渡っている、お風呂上りがオススメです!

c85176d39340d1ae958eff6fe9093581_s_s
また、肌が乾燥肌の方は先にローションかクリームを塗ってからオイルで蓋をしてあげてください
肌が水分を浸透させた状態を保つことができます。

身体に妊娠線ケアを使用するときは、手のひらを温めてあげてから塗るとリラックス効果も期待できます!

お腹全体を撫でるときは、右回りでマッサージしてあげてくださいね。

マッサージが面倒な方は、肌への浸透力が高い、ケア商品を選んでください。
マッサージが不要となるので忙しい方に特にオススメです!

自分では届かない、太ももの後ろや、下腹部、背中などは自分でも鏡チェックをしつつ、旦那さんにも手伝ってもらいましょう!

これを機に、妊娠線ケアを行い産後も美しい身体になるように頑張りましょう!

妊娠線クリームはどうやって選べば良いの?

妊娠中に妊娠線のケアを怠ってしまうと、産後に痕が残ってしまうためしっかりとケアをする事がとても重要になってきます。
妊娠線を予防するためにも、お腹が膨らむ前の早めのケアが必要です。

しかし妊娠線をケアするためのクリームにはたくさんの種類があり、実際にどれを選んで使用したらいいのか分からない人が多いのではないでしょうか?
またどの妊娠線クリームも同じ成分が入っているわけではないので、必ずしも自分の肌に合う物とは限りません

妊娠線クリームを選ぶ際には、成分や肌質や効果やコストなどにおいていくつか注意しておきたいポイントがあります。そこで今回は、自分に合った妊娠線クリームを選ぶ方法について詳しくご紹介します。

 

妊娠線の原因は何?

妊娠線が出来てしまう原因は、大きく分けると2つあります。

まず一つ目はお腹の赤ちゃんが成長するにつれてお腹が大きくなるために、皮膚が急激に伸ばされてしまう事です。

目安としてお腹が大きくなり始めるのは、妊娠5か月ごろです。
お腹が大きくなり始めると、次第に皮膚の下にある真皮やコラーゲンや弾性線維が皮膚の伸びに追いつく事が出来なくなってしまうため、断裂してしまうのです。
そしてその断裂した所に赤紫色の線状の斑が出来てしまうのが、妊娠線なのです。

そして二つ目は、コルチコステロイドと言われるホルモンの影響です。

妊娠するとこのコルチコステロイドというホルモンの分泌量が増加するため、肌の新陳代謝が抑制されてしまうのです。
そのため肌には弾力性がなくなり、より断裂のしやすい状態になるのです。

妊娠するとこれらの影響が出るため、お腹が大きくなる前にしっかりと妊娠線ケアをする事が必要になるのです。

 

妊娠線クリームの選び方

妊娠線ケア用品には、オイルやローションやクリームなど様々な種類があります。その中でも特にクリームは油分と水分がバランスよく配合されているため、肌の真皮や皮下組織へ水分が浸透しやすくなっているのです。

しかしそのクリームには種類によって配合されている水分量や油分の量は様々です。中にはその配合されている分量によって、オイルに近い物になったりローションに近い物になったりする事もあります。

b5188ad353bffd704cabda7318ba4237_s_s妊娠線クリームを選ぶ際には、保湿成分が豊富に含まれているか、真皮までしっかり浸透するか、引き締める効果のある成分は配合されているか、1か月あたりどのくらいのコストがかかるかを見るのがポイントになります。

妊娠線を予防するために最も重要な事は、乾燥から肌を守る事です。そのため妊娠線クリームには、コラーゲンヒアルロン酸といった保湿成分がたっぷりと含まれているかどうか確認するようにしましょう。

またお腹が大きくなり始める頃から使い始めると考えて、長期的に使用しなければいけないので経済的にも無理のないような物を選ぶ事が大切です。

私のおすすすめの妊娠線クリームは以下です!

妊娠線予防クリーム

 

妊娠線ケアは普通にクリームじゃダメなの?

待望のベビーが体内に宿り、日に日に大きくなっていくお腹。そっと手をあてると新しい命を感じて、幸せいっぱいの毎日ですね。

でも、やっぱり気になるのが妊娠線です。

妊娠線は、一度できてしまえば薄くはなっても完全には消えません。そこで妊娠線をつくらないようにケアが必要になります。

妊娠線ケアといえば、まず保湿クリームを塗ることが思い浮かびます。高価な専用クリームもたくさん販売されていますが、普通のクリームでは効果がないのかと、疑問に思いますよね。

それに、いつごろからケアを始めればいいのかも、気になります。

妊娠線ケアがいつごろから必要なのかと、専用クリームと普通にクリームを塗った場合の違いについて、ご紹介します。妊娠線ケアに興味のあるプレママの皆さんは、ぜひご一読ください。

 

妊娠線クリームはいつから必要?

妊娠線はいつごろから出来始めるのでしょうか。一般的には5か月ごろのお腹が大きくなり始めた時分から出来始めることが多いです。

なかには体質的にあまりお腹の出ない女性もいますが、それでも7か月目に入るころにはかなりお腹が目立った状態になります。

bac055fa1bb2cd83152e27d9e9ba7480_s_sでは、妊娠線予防クリームはいつごろから使用する必要があるのでしょう。

答えは「早ければ早いほど良い」です。お腹がまだ大きくなる前でも、妊娠によってホルモンバランスは妊娠前と大きくかわり、知らず知らずのうちに肌質も変化していきます。

一見乾燥していないようでも、内部から乾燥は始まっています。

胎児の成長によって引き延ばされた皮膚は、きちんと保湿されていないと、ひび割れて妊娠線が出来てしまいます。ですので、お腹がまだ小さいうちから妊娠線予防クリームを塗る必要があるのです。

 

普通のクリームと専用クリームの違い

妊娠線を防ぐためには、どのようなクリームを選ぶ必要があるのでしょうか。

ドラッグストアなどに売られているクリームには、もちろん保湿効果がありますが、やはり妊娠中は専用のクリームを使用するべきです。

妊娠線予防クリームの効果は、妊娠中の女性が使用することに特化しています。

伸びが良く、保湿効果が高い。
妊娠中の体に悪い影響がないように、不純な添加物の配合が少ない。
つわりなどに影響しないように優しい香りであったり、無香料だったりする。
オーガニックな成分のみで構成されている。

など、妊婦に配慮した製品となっていることが多いです。

また、普通のクリームを使っていて、もし妊娠線ができてしまっては、後悔とともにストレスも溜まってしまいます

せっかくの授かったベビーと一心同体の妊婦ライフです。納得のいく製品を使って、楽しく過ごしましょう。

妊娠線ケアの頻度ってどのぐらい?

赤ちゃんがお腹の中で成長するにつれてお腹が急激に成長するため、皮膚がその伸びるスピードについていけなくなって亀裂が生じるのが妊娠線の主な原因となります。

妊娠線はお腹周りに多く出来ますが、腕や足や胸やお尻などに現れる事も珍しくありません。しかし出来てしまった妊娠線は出産後に綺麗に消す事は難しいため、出産前の綺麗なお腹や腕や足や胸やお尻に戻る事が出来なくなってしまいます。

後々後悔しないためにも、しっかりと予防する必要がります。妊娠線が出来るのを予防するためには、ケアするための用品を上手に利用しながら正しい方法で妊娠線ケアを行う必要があります。

そこで今回は、正しい妊娠線ケアを行う方法とその頻度について詳しくご紹介します。

 

妊娠線はなぜ出来るの?

妊娠線は、急激な体重の増加とホルモンが大きな原因となります。

妊娠中急激に体に脂肪がついてしまうと同時に、皮膚が引きのばされてしまうため皮膚の上に割れ目が出来てしまうのです。その時皮膚の下では真皮や皮下組織にあるコラーゲンや弾性線維が断裂されているため、赤紫色の痕を残してしまう事になるのです。

さらに妊娠中はコルチコステロイドホルモンというホルモンが多く分泌されているため、この影響で肌のターンオーバーの働きが抑制され妊娠前よりも代謝が悪くなってしまいます。

それらの影響を受けて肌には弾力がなくなり弱い状態になるため、妊娠前の肌よりもダメージを受けやすくなるのです。それが、妊娠線が出来てしまう原因となります。

これらの妊娠線は妊娠中だけでなく、急激に太ってしまった場合にも出来る事もありますので注意が必要です。

 

妊娠線ケアの頻度は?

このやっかいな妊娠線を予防するためには、体重をコントロールする事としっかりと保湿する事がとても重要になります。

b008580fc0413b0a58c75ff94d2cd25d_s_s

体重コントロールに関しては、近年どの産婦人科でも太らないように厳しく指導されるようになってきていますので、しっかりとアドバイスを聞く必要があります。

妊娠線に関しては産婦人科では指導を受けない事が多いため、自己流で予防をする人が多いようです。そのため予防方法を間違って行い、ケアをしてたのに妊娠線が出来たという人が多いようです。

正しく妊娠線を予防するためにはとにかく保湿をする事が重要なポイントになり、毎日朝晩たっぷりの保湿クリームを塗り込むようにしましょう。

例え半日でもケアをするのをさぼってしまったら、急に妊娠線が出来てしまう可能性も高くなりますので注意が必要となります。またお腹以外にも妊娠線が出来ないようにしっかりとケアをするようにしましょう。

妊娠線ケアに体重管理が必要な理由って!?

妊娠線は妊娠して胎児が育ってくるとできてしまうのを経験する人がしばしばいるものであり、一生残ってしまうことが多いことが知られています。

そのため、妊娠線ケアを行っていくことは女性にとって欠かせないことであり、少しでも妊娠線ができないように努力を重ねていく人は多くなってきているのが現状です。しかし、何もしなくても妊娠線に悩まされることのない人もいるものであり、何か違いがあるのではないかと考える人もいるでしょう。

そのときに大きな違いを生んでいるのが体重管理です。体重管理が妊娠線ケアにとって必要であることを理由と共に理解して、妊娠をした時に最も大切になることとして取り組んでいくようにすると良いでしょう。

 

妊娠線ができる理由と体重管理の大切さ

胎児が育つにつれて嬉しい気持ちが隠せなくなってくるのが親心ですが、それと同時に懸念材料となってくるのが妊娠線ができてしまうことでしょう。

妊娠線は平たく言ってしまえば身体の中に胎児を抱えたことによって皮膚の下にある真皮が引き伸ばされてしまい、それによって裂けたことが原因になって生じます。

胎児が育てばお腹が膨らむのは必然ですが、その程度を抑えていくことが妊娠線の予防に重要になるのは明らかでしょう。その観点から重要になるのが体重管理です。

bb537161f69dc0360e1e354803e3bc6b_s_s
妊娠をすると胎児の分まで栄養を摂る必要があることから食欲が高まるようにホルモンが作用します。その影響を受けて体重が増えやすくなりますが、体重が増えればそれだけお腹も大きくなってしまって真皮が裂けてしまいやすくなるのが必然であり、妊娠線ができてしまいやすくなるのです。

 

妊娠線ケアのための体重管理のポイント

妊娠線を作らないようにするためには体重管理をしなければなりませんが、胎児が育つ以上は体重は増えるものです。その目安として知っておきたいのが12kgという境界線であり、体重増加を12kg以下にコントロールできていると妊娠線ができにくいと言われています。

また、急激な体重増加があると12kgも増えなくても妊娠線ができてきてしまうことがあるのも留意しなければなりません。毎日同じ時間に体重を測って、徐々に体重が増えていくように管理していくことが大切な取り組みになります。

しかし、個人差もあることから、別の形で対策をとっていくことも重要になるでしょう。妊娠線クリームを用いて保湿を行っていくのは真皮が裂けてしまうのを防ぐのに役立つ方法です。体重管理だけでは対策が難しいときには考慮してみる価値があるでしょう。

妊娠線を消すなら皮膚科い行くべき?

赤ん坊の誕生という嬉しい出来事と同時に生まれるのが、産後の体型を戻すということです。

出産後は体型が崩れ、とくに妊娠線を気にする女性は多くいます。これを消すには皮膚科へ行くなどさまざまな治療方法があります。

 

妊娠線とは

赤ちゃんの誕生といのは、女性にとって妊娠・出産という多い事を経て生まれてくるということもあって、うれしいもののひとつです。しかし、出産後には赤ちゃんがおなかに入っていた分の体型が崩れて元に戻すことが難しいこともあります。

赤ちゃんが入っていたために伸びてしまったお腹の皮膚や太ってしまった体型をもとに戻すためのさまざまなエクササイズがあり、多くの人々が体型を戻すこともできます。しかし、そのような体型の崩れの中で特に元に戻しにくいのが妊娠線です。

妊娠線とは、妊娠中に生じる体型の変化のひとつです。妊娠に至るとお腹やバスト、おしり、太ももなどさまざまな身体の部位が大きくなっていきます。その体の変化は急激で、あわせて皮下脂肪も皮膚も細胞分裂が急激に進み伸びていきます。しかし、その急激な変化についていけず皮膚が裂けてしまったことによってできるのが妊娠線です。

この妊娠線は、肉離れと同じようなもので、一度ついた脂肪を運動で減らすように簡単には、失くすことができません。そのため、あらかじめ予防することや出産後のケアが必要になります。

 

妊娠線に悩まされないには

妊娠線は、妊娠によりお腹やおしり、バストが急激に大きくなり、そのスピードについていくことができなかった皮膚が裂けてしまうことによって生じます。そのため、妊娠線に悩まされないためには予防が必要です。

d29e671d41353252aa1662676e58f3d5_s_s

その予防法とは肌に柔軟性を持たせることで、そのために葉酸サプリが良いとされています。葉酸とは、妊娠中に摂取した方が良いとされている成分のひとつで、妊娠中の赤ちゃんによいとされていますが、摂取することで細胞分裂が促進されるため予防にも良いとされています。これに合わせて保湿を十分にすることが予防となります。

しかし予防をしていても、できてしまうこともあります。できてしまった妊娠線を消す方法もさまざまありますが、どれも完全に消すことは確証されていません。妊娠線に大敵なのが乾燥なので、肌を十分に保湿すること、そして肌を早く新しいものにするために新陳代謝を活発にさせる食事法などがあります。

そして、どのような方法を持っても治らない場合は、美容皮膚科や美容クリニックに行き相談することが有効です。完全に消すことは保証されませんが、レーザー照射や瘢痕修正術などの方法があります。

妊娠線を消すなら馬油が効果的!?

馬油は皮膚の健康維持や皮膚疾患に対して利用される事が多く、効果を得られる事があります。火傷薬として利用された過去から、皮膚に残る傷跡や妊娠線を消すのに期待する人も多く、実際にそれを体験した人もいます。

根気はいりますが、健やかな肌を手に入れるチャンスとなるでしょう。

 

馬の油って使えるの?

馬油とは馬の皮下脂肪を原料に作られた動物性の油脂です。一般的な抽出方法は、温めた馬油の蒸気を冷やす事で得られた物であり、油の塊その物を封入している訳ではありません。食用として解体した馬から原料を調達するので、無駄にもなりません。

1667b6625bd6df4d6ea765c8dfde6380_s_s馬は古くから日本でも生活を共にした生物であり、その当時から馬油は重宝されていました。主として火傷や皮膚疾患の民間薬として用いられており、一説によると「ガマの油」として香具師が利用していたのは馬油だったとされています。これは、馬油が素早く止血を行う作用がある事からであり、経験してみるとその即効性に驚く事でしょう。

現在でも愛用者が多くいる馬油は、オレイン酸リノレン酸などを多く含み、保湿および浸透性に優れている事から皮膚の保護に役立つとされています。

また、代謝を上げて血流を良くする事でも知られており、外用剤としての利用が特に多く、馬油を配合した基礎化粧品を始めシャンプーや石鹸なども多く販売されています。

保湿としては最適なアイテムですが、肌が油脂気味の人は付け過ぎに要注意です。吹き出物が出るようなら使う量を減らしたり、ふき取る事で対応可能です。

 

どんな効果が期待できるのか

皮膚の外傷や疾患に対する物にだけでなく、粘膜にも利用が可能なので、口腔や皮膚の弱い部分にも使用できます

一般的にはスキンケアとして使用されている事が多く、米粒程度の馬油を濡れた手でよく伸ばし、洗顔後の皮膚に押し当てるようにしてゆっくりと馴染ませます。その後で化粧水や乳液を塗る事でよく浸透し、スキンケアの質が上がります。

手に残った馬油はそのままヘアトリートメントとして塗ると、翌朝は適度な油分を含んださらっとした髪質になり、長く使うと癖毛や縮毛矯正にも一役買ってくれます。

元々が火傷疫として販売されていただけに皮膚の疾患に利用する方も多く、傷や火傷跡に妊娠線、肉割れ跡にも利用できます。市販の薬剤と違ってすぐに効果を得られる物ではなく、何年もかけて塗り続ける事で皮膚の跡が目立たなくなります。実際、私は長年塗り続けた事でよく見ないと判らない程度にまで妊娠線を薄める事ができました。

これらの他にも口腔内の傷や歯茎の健康維持に役立つだけでなく、血流を良くする作用から、軽度の肩こりにも効能が期待できます。

ただ、前段でも言った通り、人によって使用量が大きく変わる品なので、自分に適した分量を見つけるまで時間がかかります。

妊娠線予防クリームはお腹だけじゃダメ!出来やすい部位を調査!

妊娠線を予防する効果があるクリームが発売されています。妊娠中の人は、これを使ってお手入れをしているのではないでしょうか。

妊娠線と言えば、大きくなるお腹にできるものと思われていますが、できるのはお腹だけではないんですよね。え!知らなかった!と言う人は、今からでもお腹以外のできやすい場所のお手入れを始めてくださいね。

 

急激な体重増加にも注意が必要

妊娠線ができやすい部位、1番はやはりお腹です。赤ちゃんは、生まれるまでにお母さんのお腹で成長します。臨月の頃は体重が2~3kgの赤ちゃんをお腹で育てているのですから、お腹の皮膚もうんと伸ばされてしまい、妊娠線ができやすくなります。臨月頃までできない人もいますが、早い人は少しお腹が大きくなり始める頃、5か月くらいからできてくる人もいるようですよ。

お腹の他には、胸、お尻、背中、腰、太ももなどに妊娠線ができやすいんです。胸に妊娠線!?と驚くかもしれませんが、妊娠すると胸も大きくなります。女性にとってはうれしいのですが、急激に大きくなるとやはり皮膚が引っ張られるために亀裂が起きる場合があります。お尻や背中、腰、太ももは妊娠すると体重も増えますよね。

814bc2fa6e56d9d2b04d4b26eb1a531d_s_s

体重増加が緩やかな人はそうでもないのですが、つわりが終わったら食欲が旺盛になってたくさん食べてしまい、急に太ってしまう妊婦さんって多いんです。そのため、脂肪がつきやすい部位に妊娠線ができる可能性があります。

 

お腹以外もしっかり保湿

もちろん、お腹にしかできない人、全くできない人など人それぞれなのですがこればかりはわかりません。親の体質が遺伝すると言われていますが、親ができなかったからと安心していたらできてしまったという人もいます。ですから、妊娠したら妊娠線予防クリームでとにかく予防することが大切です。

お腹だけでなく、胸やお尻、太ももなど脂肪がつきやすいところにはクリームを塗って予防するようにしましょう。妊娠線を予防するのは、皮膚の保湿が大切なんですね。妊娠線予防クリームには保湿成分やコラーゲンの生成を助ける成分が含まれているのでお腹だけでなく、他の気になる部分に塗っても大丈夫なんです。

特に2人目、3人目を妊娠中の人や多胎妊娠をしている人はできやすいので念入りにお手入れするようにしましょう。もしできてしまっても、落ち込むことはありませんよ。立派なお母さんの証なんですからね。できてしまった後でも、妊娠線予防クリームなどでお手入れは続けてくださいね。肌が健やかになれば、目立ちにくくなりますから。

赤みを帯びた妊娠線はどうケアする?

妊娠してお腹が大きくなってくると、本来肌も赤ちゃんの成長に合わせて伸びてくるものなのですが、皮膚の奥にある真皮は表皮のように伸びにくいので、どんどん大きくなるお腹の伸びについていけずに亀裂ができるのが妊娠線です

じわじわと亀裂ができるものなので、ひび割れしたような感じで赤みを帯びた線状斑があらわれてしまいます。見た感じ痛みがありそうなのですが、痛みはありません。痛みよりも痒みの方を強く感じますので、ひっかいて傷をつけないようにしましょうね。このような赤みを帯びた妊娠線は、どのようにケアしていけば良いのでしょう。

 

だんだん赤みは薄くなる

赤みを帯びた妊娠線は、何日か経ってくるとだんだん赤みは薄くなってきて白くなります。妊娠線は切り傷のようにスパッと裂けたわけではなく、無理やり裂いたようなものなので皮膚が受けたダメージは大きく、日が経つにつれて赤みはとれてきてもきれいに消えることはないのです。

お腹にできる赤みを帯びた妊娠線は、お腹の皮膚も薄くて太い血管が多くあることから目立ってしまうのですね。このような妊娠線は、妊娠5か月くらいからできやすくなります。5か月から7か月頃にでき始める人が多いのですが、中には臨月までできない人もいます。臨月になって急激にお腹が大きくなることもあり、その時に一気にできてしまったという人は多いです。

 

赤みを帯びた妊娠線も毎日の保湿が大切♪

3c350eecd9743cb714e343fc3685de2c_s_s妊娠線ができないようにするには、お腹があまり大きくない時期から妊娠線予防クリームやオイルなどで保湿をすると良いようです。

肌の状態は、数日お手入れをしたくらいでは良くなりません。妊娠したかも、というくらいの時から妊娠線ができそうな場所に妊娠線予防クリームやオイルを塗るようにしたいものですね。もし妊娠線ができて、赤みを帯びた状態になったとしても、お手入れは続けて行ってください。それ以上ひどくならないようにするのと、できるだけ目立たないようにするためです。

赤みは日にちが経てば薄くなってきますし、あまり気にしなくても大丈夫です。妊娠線は人によって1本だけしかできなかったり、一気にたくさんできてお腹がまるでスイカの模様のようになってしまったということもあるようですが、1本であろうが5本であろうがケアの方法は変わりません。

ただ、塗るクリームやオイルは手で温めてよく伸ばして塗るようにしましょう。お腹や胸はどうしても妊娠線ができやすいので、全体に行き渡るよう塗り広げ、やさしくマッサージするように伸ばしていきます。皮膚の下から上へなでるように塗り広げ、円を描くようにマッサージすると良いです。あまりグイグイ力を入れてマッサージしないように、注意してくださいね。