絶対に妊娠線を作らない方法とは?

pl-201498296641

絶対に妊娠線を作らない方法なんてあるの?

そう思ったあなたは正解です。残念ながら絶対に妊娠線を作らない方法というのはありません。

1人目の出産の時には妊娠線はできなかったけど、2人目の時にはくっきり妊娠線ができちゃったという方もいらっしゃるように、その時の体の調子やお腹の大きさによっても、妊娠線ができるできないは変わってくるのです。

 

でも、だからといって諦めて何もしないというのは、妊娠線ができる可能性を上げてしまいます。中には何もしなくても妊娠線ができないという方もいらっしゃいます。

でも、何も妊娠線予防しないと妊娠線ができてしまう可能性は高くなってしまうのです。

 

妊娠線ができる確率ってご存知ですか?実は、50~60%の確率で妊娠線はできると言われています。

ただし、これは全ての妊婦さんのトータルの確率ですので、中にはしっかり妊娠線ケアをしている方、まったくケアしていない方、若い方から高齢出産まで幅広い層のトータル確率ですので、もしかしたら妊娠線ケアをしていない場合は、妊娠線ができる確率が80%や90%と上がってしまう場合もあります。

 

例えば、経産婦さんの場合は、妊娠線ができてしまう確率が、何と80%と言われているのです!
経産婦の方が妊娠線ができやすい!?
妊娠線して喜んだのもつかの間、妊娠線について考え出すと、不安が膨らんでしまいますよね?

 

じゃあ、どうすれば妊娠線ができる確率を下げられるのでしょう?

つわりが終わって落ち着いてきたら、妊娠線予防を開始しましょう!

妊娠線予防には妊娠線予防クリームを使いましょう!

毎日、妊娠線予防クリームでマッサージしましょう!

体重管理に気をつけて!

これらのことをやって頂ければ、妊娠線ができる確率はぐっと低くなるでしょう!

では、1つ1つ詳しく見ていきましょう!

 

つわりが終わって落ち着いてきたら、妊娠線予防を開始しましょう!

Beautiful pregnant woman with smile drawn by creme for stretch marks on tummy

妊娠線予防は、早ければ早いほど良いと言われています。

できれば、妊娠がわかったらすぐに始めたところですが、実際にはなかなか難しいかもしれません。

また、つわりの時期は、妊娠線予防クリームのニオイが気になったり、お腹をマッサージするのがツライということもあると思います。

そのため、遅くてもつわりが落ち着いたら妊娠線予防を開始することをおすすめします!

 

妊娠線予防には妊娠線予防クリームを使いましょう!

妊娠線の予防方法には、主にクリームとオイルがあります。

私のおすすめはクリームです!

クリームとオイルには、それぞれメリットとデメリットがあります。

オイルの場合、保湿効果はかなり優れているのですが、

  • においがキツい
  • ベタベタする

というデメリットがあります。

一方、クリームの場合は、オイルと比較すると保湿効果は少し落ちますが、ベタベタせずに使い心地が良いというのが特徴です。

毎日使うものですので、使い心地はかなり重要なポイントになってきます。

だから、妊娠線クリームがおすすめなのです!

ベストな妊娠線の予防方法は、乾燥が激しい場合はオイル、それ以外はクリームを使うというようにお肌の状態によって使い分けると良いでしょう!

予算的な問題等でどちらか一方しか購入できないという場合は、使い心地を優先してクリームがおすすめです!

 

毎日、妊娠線予防クリームでマッサージしましょう!

Pikny ciowy brzuch継続は力なりとはよく言ったもので、妊娠線予防クリームによるマッサージも毎日継続することが大切です!

まだ、お腹が大きくなる前から妊娠線予防クリームによりケアを行うので、最初のうちは効果があるのかないのかいまいち実感もなく、不安になるかと思います。

でも、この毎日の継続が将来的に妊娠線ができないという結果になるのです♪

 

妊娠線クリームを塗るタイミングは、お風呂あがりがおすすめです!

お風呂上りって、水分がお肌にしっかり浸透して、水分を含んだ細胞がふっくらと膨らんでいます。この状態はずっと続くわけでありません。そのため、このタイミングで妊娠線予防クリームを使うことで、お肌の表面にふたがされた状態になり、保湿ケア効果が高まります。

また、開いた毛穴からは、クリームなどの有効成分が浸透しやすい状態になっていますので、肌の奥まで有効成分を届けるベストタイミングなのです!

詳細は「妊娠線クリームを塗るタイミングっていつ?」

 

体重管理に気をつけて!

妊娠線の予防に体重管理は、かなり重要なポイントになります!

実際に体重の増加が8キロ以下の妊婦さんは、あまり妊娠線ができないというデータがあります。なので、妊娠中の体重管理は超重要ポイントになるのです。

ただ、体重を増やさなければ良いというわけではありません。赤ちゃんと子宮、羊水、胎盤などの重さを考えると、妊娠中に体重が増えないということは、自分の体重が減っているということですので良くない状態です。

妊娠中のベストな体重増加は、8~10キロと言われています。また、体重増加だけではなく、体重増加スピードも重要なポイントです。

急激に体重が増加すると、お腹も急激に大きくなり、皮膚がその増加スピードについていけなくなり、破裂してしまうのです。ですので、体重増加スピードについても注意することが大切なのです!

詳細は「妊娠線ケアには体重管理が超重要!」

 

妊娠線ケアに絶対はない!?

Pancia sorridenteこれらのことに気をつけていても、絶対に妊娠線ができないというわけではありません。

じゃあ、もし妊娠線ができてしまった場合はどうすれば良いのでしょう?もう、妊娠線予防はやめてしまいますか?

妊娠線ができても妊娠線ケアは続けて下さい。それ以上妊娠線ができるのを防ぐという意味もありますし、できてしまった妊娠線を薄くするという効果も期待できます。

一度できてしまった妊娠線は完全に消すことはできませんが、限りなく薄くすることはできるのです。

ですから、妊娠線ができてしまった場合も、妊娠線ケアは続けて下さい!

 

コメントは受け付けていません。